• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

MC・木下優樹菜も年下王子にメロメロ!?「この子好きだわ」『私の年下王子さま』第1話

『私の年下王子さま』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、“オトナ女子”と年下男子による恋愛リアリティーショー『私の年下王子さま』#1が7月14日に放送された。

 この番組は、フレッシュな年下男子“年下王子”たちが、年上女性をときめかせることができるのかを検証すべく、男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。お泊まり旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白することがルール。年下王子たちは、たとえふられてしまっても番組への参加は続行でき、一筋縄ではいかない年上女性に対して何度も告白するチャンスがある。

 7月14日の第1話では、事前特番で初対面を果たし、第一印象で気になる相手とランチデートや卓球を楽しんだ出逢って間もない5人の年下王子と、4人のオトナ女子が2泊3日のお泊まり旅行に出発。執事からの指令で、年下王子に“1つだけお願いができる”と知ったオトナ女子は、「気になる女子にプレゼントを用意して来てほしい」とリクエストする。

 行き先の伊豆に到着した一行は、早速ロープウエーに乗ることに。人数が1人多い年下王子からの提案で、“1台にはオトナ女子1人と年下王子2人が乗り込む”ことが決まった瞬間、“秀才さわやか王子”早瀬慧が「じゃあ、れいな乗ろう」と、いち早く吉田怜菜に声をかけ2人きりで乗り込む。

 山頂にたどり着くと、ここでオトナ女子からリクエストがあった“年下王子から気になるオトナ女子に用意してきたプレゼント”を渡すことに。“ふんわり系チワワ王子”世古口凌は、清家麻里奈に。“女性に不慣れなピュア王子”葵尉(あおい)と、“負けず嫌いなナマイキ王子”西野龍太は、西上まなみに。ここで残る年下王子は2人。もらえないオトナ女子はいるのか…。緊張が走る中、慧はロープウェイで一緒だった怜菜。“ストレートな男気王子”田中理来は、CHIHAにとオトナ女子は全員プレゼントをもらうことができた。
 そんな中、まなみにプレゼントを渡した葵尉が、突然CHIHAの元へ。驚きを隠せない理来の前で、「CHIHAさんも気になっていたから」とプレゼントを渡し、葵尉は2人のオトナ女子にプレゼントを用意していたことが明らかになった。

 スタジオでこの様子を見守っていたMCの木下優樹菜は「ちょっと待ってよ!これありなの!?」、ゲストの青山テルマも「KYじゃない!?」と思わず声を荒げた。

 するとここで執事から「2泊3日の伊豆旅行中は、毎晩告白のチャンスあり。年下王子からオトナ女子に想いを伝えてください。1日1回なのでチャンスは3回。カップルが成立したら番組卒業。ただしこの旅で一度も告白を受けなかった女子は強制リタイアとなります」とのメールが。この内容に「ヤバイね!」「めっちゃ急だね…」と、年下王子も、オトナ女子も表情が曇る。

 そして一行は宿泊する宿に到着。再び執事から「これから行われるフリータイムの中で、気になる女子1人と手をつないで距離を縮めてください」と年下王子だけにメールが届く。そこへ浴衣に着替えたオトナ女子が登場し、フリータイムがスタート。

 最初に動いたのは慧。CHIHAを誘い出すが、理来、凌も後を追い、CHIHAは年下王子3人と順番にフリータイムを過ごすことに。この状況に、ここまで慧といい雰囲気だった怜菜が「こういうのヤダね」と涙…。そんな事は知らない慧は「帰りに手をつないで帰らない?」とCHIHAに尋ね、手をつないでフリータイムを終えた。

 木下は「この子、全部言葉にするね。この子好きだわ、優樹菜。どうしよう…」と頭を抱える。

 初日の夜、オトナ女子が部屋で“1日を振り返る女子トーク”を繰り広げている間、年下王子には執事から「間もなく告白チャンスの時間です。今日告白する年下王子は、執事に返信をしてください」と再びメールが。今日告白するべきか悩む年下王子たちが下した結論は…。

AbemaTV『私の年下王子さま』#1
放送日時:毎週土曜 後10・00~11・00
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

MC:木下優樹菜
ゲスト:青山テルマ、小林豊(BOYS AND MEN)

7月14日初回放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CGLzjHQ7YFZ4iB

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える