• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

実写版「くまのプーさん」映画『プーと大人になった僕』日本版予告解禁

『プーと大人になった僕』 9月14日(金)公開の『プーと大人になった僕』の日本版予告映像が解禁された。

 本作は、世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を、ディズニーが実写映画化。プーと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした心に残る別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再会から始まる感動の物語。大人になったクリストファー・ロビン役をユアン・マクレガーが演じる。

 少年クリストファー・ロビンとプーが“100エーカーの森”で一緒に過ごした少年時代から始まる映像には、2人が「棒投げ橋」をのぞき込む挿し絵で有名なシーンも。大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンは、仕事中心の忙しい毎日を送っていたが、妻イヴリンと娘マデリンと故郷で過ごす予定にしていた週末にまで、仕事を任されてしまう。

 そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたクリスファー・ロビンは、懐かしい“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨーら仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なことなの…」と、悲しむプーたち。

 急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、仕事の重要な書類を森に忘れてしまっていた……。一方、彼の忘れものに気づいたプーと仲間たちは、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、マデリンと共にロンドンへと向かう。

 果たして、プーたちは、クリストファー・ロビンへ忘れものを届けることができるのか、そして、プーが届けた本当に大切なモノとは―?

『プーと大人になった僕』
9月14日(金)全国ロードショー

監督:マーク・フォスター(『チョコレート』『ネバーランド』)
出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

公式HP:disney.jp/Pooh-Boku

©2018 Disney Enterprises, Inc.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ