• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“世界一のセッター”中田久美が日本代表を率いる覚悟とは『サワコの朝』8・18放送

『サワコの朝』 8月18日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)にバレーボール女子日本代表監督の中田久美が登場する。

 実は、小学生時代は水泳をやっており、バレーボールを始めたのは中学1年生のクラブ活動だったという中田。その後、バレーボールの英才教育を受けるため、自らの意志で山田重雄氏が率いるバレーチームの入団試験に応募し合格。中学2年の時から親元を離れバレーボール漬けの日々が始まったという当時を、貴重な映像とともに振り返る。

 そして、史上最年少の15歳で日本代表入りを果たし、一躍注目を浴びた中田は18歳の時にロサンゼルスオリンピックに出場し、銅メダルを獲得。1989年のワールドカップではベストセッター賞を受賞し“世界一のセッター”に輝き、日本代表の中心選手として活躍した。

 引退後は、しばらくバレーボールとは距離を置いていたものの、あることがきっかけで、もう一度バレーボールに向き合うことを決意。指導者の道へ進んだ中田は、日本人女子として初めてバレーの本場イタリアのプロリーグでコーチに就任。帰国後はVリーグで数々の栄冠を監督として勝ち取り、2016年にバレーボール女子日本代表チームの監督に就任すると、食事をすることも忘れるほどバレーボール漬けの日々を送っているという。

「記憶の中で今もきらめく1曲」では、大杉久美子の「アタックNO.1」を選曲。小学生のときに、同名のテレビアニメに夢中だったという中田が当時の思い出を語る。

 女性監督ならではの視点や、東京五輪へ向けた選手たちとの日々に阿川佐和子が迫る『サワコの朝』は、8月18日(土)放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真