• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内野聖陽主演ドラマに檀れい、生瀬勝久、大東駿介ら出演決定!『琥珀の夢』10・5放送

『日経ドラマスペシャル 琥珀の夢』 内野聖陽主演『日経ドラマスペシャル 琥珀の夢』が10月5日(金)後9時から放送決定。また、追加キャストとして檀れい、生瀬勝久、大東駿介らが出演することが分かった。

 本作は、明治・大正・昭和という激動の時代を背景に“やってみなはれ”の精神で日本初の国産ウイスキー造りに命をささげた男の人生を描くヒューマンドラマ。原作は伊集院静の長編小説「琥珀の夢 小説 鳥井信治郎」で、サントリー創業者・鳥井信治郎の人生を描いているが、ドラマでは鳥井をモデルにしつつ、一人の人間が新たな価値観を創造するという大きな夢を抱き、成し遂げるまでの物語を描いている。

 日本初のウイスキー造りに心血を注ぎ、やがて日本一の洋酒メーカー「暁屋」の創業者となる主人公・鳴江萬治郎を内野が演じる。

 今回、追加キャストとして発表されたのは、萬治郎を支える家族・鳴江家の面々。最愛の妻・サト役に檀れい。弟(萬治郎)思いの心優しき兄・千恵蔵役には生瀬勝久。萬治郎とサト夫婦の長男・寿太郎役は大東駿介。幼少時代の萬治郎役には、渡邉蒼。そして、息子思いの父・義兵衛役を中村梅雀、母・ちよ役を原田美枝子が演じる。

 檀れいは「明治・大正・昭和と日本が変化していく時代に、主人公・萬治郎の夢をかなえるエネルギーの強さに圧倒されました。そして台本を読み進めていけばいくほど、萬治郎の熱い思いと人に対する優しさに触れ、あふれる涙が止まりませんでした」と作品の印象を語った。

 さらに「そんな萬治郎の奥さん役を演じさせていただくことは、この上ない喜びであり、少しでもいい作品になればと撮影に臨みました。萬治郎は情熱の塊みたいな人。その萬治郎を演じる内野さんの作品に対する思いも強く、エネルギッシュな萬治郎を表現するために、台本にはないアドリブやアイディアをリハーサルでされます。驚かされることばかりでしたが、内野さんがシーン1つひとつをどのように演じられるのか、ワクワクする日々でもありました。そんな内野さんのお芝居に寄り添えるよう、温かく夫を支える妻であるよう、私も1つひとうのシーンを丁寧に演じました」と撮影を振り返った。

 そして「一人の日本人の生き様を熱く描いた物語。見ていただければ、きっと誰もが萬治郎に惚れ、誇りに思うはず。今を生きる人々の胸にも響く『琥珀の夢』をぜひご覧ください」と語った。

日経ドラマスペシャル『琥珀の夢』
テレビ東京系
2018年10月5日(金)夜9時放送 ※BSテレ東で今冬放送予定

原作:伊集院静
出演:内野聖陽、檀れい、生瀬勝久、大東駿介、渡邉蒼、中村梅雀、原田美枝子ほか
脚本:森下直
監督:松田秀知

公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/kohakunoyume/

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える