• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

國村隼、イッセー尾形との共演に「得るものがたくさん」『NHKスペシャル 未解決事件「File.07 警察庁長官狙撃事件 第2夜 実録ドラマ」』9・8放送

未解決事件

 9月8日(土)に放送される『NHKスペシャル 未解決事件「File.07 警察庁長官狙撃事件 第2夜 実録ドラマ」』(NHK総合)の試写会に國村隼とイッセー尾形が登壇した。

「グリコ・森永事件」「オウム真理教」「尼崎連続殺人死体遺棄事件」など社会に大きな影響を与えた事件を検証し、数々のスクープとともに事件の教訓を問い続けてきた未解決事件シリーズ。その第7弾は1995年に発生した「警察庁長官狙撃事件」をひもとく。実録ドラマでは、事件の真犯人を名乗る容疑者・中村泰と、執念の捜査で犯人を追う刑事の知られざる攻防戦を描く。

 警視庁警部・原雄一を演じた國村は「いろいろな意味でこのドラマは私にとっては非常に得るものがたくさんありました。何よりもすごく得がたいことは、イッセーさんとご一緒できたという経験。本当に何物にも代えがたいなと思っています」と語った。

 容疑者・中村泰を演じたイッセーは「國村さんはいろいろ攻めても全部受け止めていただける、すごく大きな存在。國村さんと作ったこの作品は、とても価値のある素晴らしい経験をさせてもらったという自負、その実感がほぼ100%でございます」と自信を見せた。

 実在の人物を演じることについて國村は「本人のエピソードを聞いたり、資料を読んで僕がその人に対してどういう印象を持ったかをベースにしています。そのイメージと脚本を読んで感じたことを自分なりになじませて演じています」と。

 いっぽう、中村の“顔写真”と“苦情を入れた時の電話の声”が今回の手掛かりだったというイッセーは、「その2つで捜査していきました。(中村の)声を聴いたら、話がコンパクトに終わらない、だらだら続いているように感じたんです。まずはそういう風に台本を読んでみる。初動捜査はそういうところから始まりました」と撮影を振り返った。

 同シリーズが大好きだというイッセーは「実際に何があったのかをもっと克明に知りたいという気持ちもありますし、役者をやっていますからその時の人間は何に支配されて動くのかという本能的なものにも興味があるのかもしれません」と番組の魅力を語った。

『NHKスペシャル 未解決事件「File.07 警察庁長官狙撃事件 第2夜 実録ドラマ」』
NHK総合
9月8日(土)後9・00~10・30

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真