• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ユースケ“日本一不運な刑事”再び「群を抜いて面白い」新相棒に志田未来

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 ユースケ・サンタマリアが、11月25日(日)放送のテレビ朝日系ドラマスペシャル『警部補・碓氷弘一~マインド~』(後9・00)に主演する。

 作家・今野敏の警察小説「碓氷弘一シリーズ」が原作で、昨年4月放送の『~エチュード』に続く第2弾。ユースケは警察外部の人間と組まされ、不可解な難事件に巻き込まれてしまう“日本一不運な刑事”碓氷弘一役。今作では、自殺や殺人など7つの事件が同時発生した謎を捜査する。

 前作の相棒は相武紗季演じる科警研の心理捜査官・藤森紗英だったが、今回は志田未来演じる新たな心理捜査官・篠宮梓とタッグ。事件のカギを握る心療内科クリニックの院長・水沢瞳役で小雪も出演する。

 ユースケは「第2弾のお話を頂いたときはうれしい驚きでした。キャスティングにもスタッフのこだわりがあって、ものすごく豪華かつ面白い組み合わせになりました。本当にいいのかな、という感覚です」と喜び、「とにかく最近のスペシャルドラマの中では群を抜いて面白いと思います」と自信満々。

 さらに、「『僕(ユースケ)が主役だから見ない』というのはやめてほしいですね(笑)。思わず引き込まれてしまう展開ですので、一回見てほしいです。見たら気に入ってくれると思います」と呼びかけている。

<ユースケ・サンタマリア コメント>
 第2弾のお話を頂いたときはうれしい驚きでした。キャスティングにもスタッフのこだわりがあって、ものすごく豪華かつ面白い組み合わせになりました。本当にいいのかな、という感覚です。

 僕が演じる碓氷は本当に普通の男。他のドラマの主人公のようにキャラが立っていたり、特殊な能力を持っていたり、魅力があったりとか、そういう部分が全くない。ある意味、ドラマの中では一番地味な主人公です。ところが、その碓氷をカメラは執拗に追いかける。そこが面白いと思いますし、今までになかった作品だと思います。人によってキャラが変わったりしながら、事件を解決する。僕にとっても謎の男ですね。

 志田未来さんは本当に頼りになる相棒です。かわいいやら頼もしいやら。キレ者の役でしたが、未来さん本人もキャリアが長いのでキレ者という感じ。すごみも感じられましたし。ご結婚もされてハッピーオーラの中、すごく楽しく、気を遣うことなくやれました。

 ミステリアスな謎の女性を小雪さんが演じてくれたのはうれしかったですね。よく出演してくれました、とお礼を言わせていただきました。一緒のお芝居は初めてでしたが、さすがの安定感。僕と未来さんが力を合わせて立ち向かってもなかなか勝てない。そういう意味で、今回の役は小雪さんでバッチリだったと思います。

 とにかく最近のスペシャルドラマの中では群を抜いて面白いと思います。「僕(ユースケ)が主役だから見ない」というのはやめてほしいですね(笑)。思わず引き込まれてしまう展開ですので一回見てほしいです。見たら気に入ってくれると思います。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える