• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

冬の俳句タイトル戦「冬麗戦」開幕!特待生の下克上で大波乱『プレバト!!』12・27放送

©MBS

©MBS

 12月27日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、名人・特待生だけが参加できる冬の俳句タイトル戦「冬麗戦」の予選を行う。

 今大会は、梅沢富美男をはじめとする名人5人と特待生8人の総勢13人が参戦。まずは特待生だけで予選を行い、決勝(1月3日(木)放送)に進む上位4人を決定する。

 予選に出場するのは、“女性初の名人まであと一歩”中田喜子(1級)、“前回の冬麗戦覇者”Kis-My-Ft2・千賀健永(1級)、“悲願の予選突破なるか?”ミッツ・マングローブ(2級)、“異例のスピード昇格”立川志らく(2級)、“金秋戦・予選トップ通過”NON STYLE・石田明(2級)、“発想モンスター”千原ジュニア(3級)、“誰ともしゃべらなくなるほど悩んだ”松岡充(4級)、“IQ150超で先生へのプレゼントも抜かりない”岩永徹也(5級)という自信満々の8人。全員が“名人越え”の下克上を狙い、渾身の俳句で勝負する。

 俳人・夏井いつき先生が用意したお題は「年末の満員電車」の写真。「さすがです。特待生は取りこぼしがない」ともらすほど、わずかのミスで明暗が分かれるハイレベルな勝負が繰り広げられる。

 そして、予選には5人の名人もご意見番として出演。結果発表に先立ち、名人10段の藤本敏史はジュニアのことを「発想が豊か」と持ち上げ、予選突破の有力候補と予想。

 いっぽう、3段の横尾渉(Kis-My-Ft2)は、ディフェンディングチャンピオンながら、ここ2大会は予選敗退の千賀に対し「本戦に上がってきてほしい。戦って勝ちたい」と語る。

 さらに、「3連覇は当然」と豪語する10段・梅沢も「いい顔触れじゃないですか」と話し、“王者”ならではのトークで真剣勝負を盛り上げる。はたして、激闘の予選を突破し梅沢・東国原英夫が待つ決勝に進む4人は誰なのか注目だ。

 2019年1月3日(木)放送では、冬の俳句タイトル戦「冬麗戦」の決勝戦のほか、火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』や日曜劇場『グッドワイフ』『世界ふしぎ発見!』など人気番組が対抗戦に挑む。

『プレバト!!』
MBS/TBS系

俳句タイトル戦「冬麗戦」予選
12月27日(木)後7・00~8・00

俳句タイトル戦「冬麗戦」決勝/「人気番組対抗戦」
2019年1月3日(木)後6・00~9・00

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える