• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

片岡鶴太郎“牛尾刑事”50回記念作に感慨「とにかく感謝しかないです」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 片岡鶴太郎が主演を務めるテレビ朝日系の森村誠一ミステリースペシャル『終着駅牛尾刑事50作記念作品~荒野の証明』が、1月27日(日)午後9時から放送される。

 新宿西署のベテラン刑事「モーさん」こと牛尾正直(片岡)の活躍を描く『終着駅シリーズ』の最新作。今作では、大手繊維メーカーの創業記念パーティーの会場で絞殺死体が見つかった事件の捜査をめぐり、新宿西署の面々と捜査二課の係長・関川響子(高島礼子)が対立。そんな中、新たな失踪事件と、組織の不条理に翻弄された人間たちの悲しみが浮かび上がる。

 水野真紀と共演した『終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子』シリーズも含めると、記念すべき50回目の牛尾刑事作品。片岡は「50作も続いたのは何より監督やスタッフの皆様方のご尽力、そして作品を支えてくださっている視聴者の方のおかげ。とにかく感謝しかないです」と感慨深げで、初代・露口茂から引き継いで23年になる牛尾役に「牛尾さんは“正直”と書いて“まさなお”ですから、ひたすら正直で、どんなことがあっても日々の暮らしをしっかり丁寧に送っている方。牛尾刑事の人となりには学ぶべきところが多くて、年に2回、牛尾刑事と時間を共有できるのは私にとってもありがたいこと」と愛着をにじませた。

 さらに、視聴者へ向けて「今回は、社会格差や組織内でのストレスなど社会問題となっているテーマにも視点を置いていて、時代性から見てもタイムリーな作品になったと思います。また、(高島)礼子ちゃん演じる女性刑事にお越しいただいたのは、新しい試み。新鮮味が感じられる記念作になりましたので、ぜひ楽しみにしていただきたいですね」とアピールしている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える