• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

名人&特待生が“春の俳句王”の座を懸けて激突!『プレバト!!』3時間SP 4・4放送

©MBS

©MBS

 4月4日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、名人・特待生だけの俳句&水彩画タイトル戦3時間スペシャルを送る。

 春の俳句タイトル戦「2019春光戦」には、王者・梅沢富美男をはじめとする過去最多14人の名人・特待生が参戦。まずは特待生だけで予選を行い、上位3人と名人全員が決勝で激突する。

 予選には、名人まであと一歩の三遊亭円楽と千賀健永(Kis-My-Ft2)、冬のタイトル戦で2位に食い込んだ千原ジュニア、最年少特待生(20歳)として初のタイトル戦で下克上を狙う現役東大生・鈴木光など、総勢8人の特待生が参戦。

 その勝者を決勝で待ち受けるのは、梅沢、東国原英夫、藤本敏史(FUJIWARA)、村上健志(フルーツポンチ)、横尾渉(Kis-My-Ft2)、中田喜子の名人6人。俳人・夏井いつき先生からのハイレベルなお題は予選が「春の鮮魚店」、決勝が「コーヒー」。わずかな取りこぼしがランキングを左右する厳しい査定となる。

 過去1年では、梅沢と東国原が4つのタイトルを独占している。夏と秋の王者・梅沢は、「意気込みが違いますから!」と3度目の優勝に向け必勝を宣言。春と冬の王者で通算最多4勝の東国原は、「ほとんど差がわからない勝負になる」と激戦を予想する。

 そんな俳句2トップに、若き実力者たちが挑戦状を叩きつける。夏井先生が「うまくなったなー」「感心してます」と絶賛する俳句が続々と登場。大波乱の戦いを制し、“春の俳句王”に輝くのはいったい誰なのか。

 水彩画タイトル戦第2弾「春の水彩画コンクール2019」には、唯一の名人・しずちゃん、特待生の土屋アンナ、鈴木砂羽、田中道子、千賀ら7人が参戦。

 先生が厳選した「描きたいけど難しい東京の風景」を出演者自らくじ引きで選び、思い思いの構図で水彩画を描く。査定するのは“水彩画の魔術師”こと野村重存先生。

 あまりにも難しいテーマに「こんなのあり?」「あの先生イヤ!」と悲鳴を上げる出演者が続出する中、先生が「素晴らしい!」「誰よりも上手だな!」と驚く傑作が誕生する。

『プレバト!!』
MBS/TBS系
4月4日(木)後7・00~10・00

<出演>
MC:浜田雅功
アシスタント:玉巻映美(MBSアナウンサー)

●「俳句タイトル戦 2019春光戦」
名人:梅沢富美男
中田喜子
東国原英夫
藤本敏史(FUJIWARA)
村上健志(フルーツポンチ)
横尾渉(Kis-My-Ft2)
特待生:岩永徹也
大和田獏
三遊亭円楽
鈴木光
千賀健永(Kis-My-Ft2)
立川志らく
千原ジュニア
ミッツ・マングローブ

●「春の水彩画コンクール2019」 
名人:しずちゃん(南海キャンディーズ)
特待生:小倉久寛
白石糸
鈴木砂羽
千賀健永(Kis-My-Ft2)
田中道子
土屋アンナ

(※50音順)

専門家ゲスト:夏井いつき(俳人)、野村重存(画家)
ナレーター:銀河万丈

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える