• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』第1話に足立梨花、福士誠治、木下ほうかがゲスト出演

『警視庁ゼロ係』

 7月19日(金)スタートの『金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」(テレビ東京系)の第1話ゲストとして、足立梨花、福士誠治、木下ほうかが出演することが決定した。

 本作は厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係を舞台に、空気は読めないが事件は読める“究極のKY刑事”・小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が、ゼロ係のメンバーとともにさまざまな難事件を解決していく人気シリーズの最新作。

 第1話では、足立梨花が犯罪科学者・山口薫役、福士誠治が番組プロデューサー・鴨井達彦役、木下ほうかがワイドショーMC・財前和夫役でゲスト出演する。

『警視庁ゼロ係』

<山口薫役・足立梨花 コメント>
 よく見ていた「ゼロ係」に自分が出ることになり、すごく驚いたのと同時に皆さんとお芝居できることが楽しみでした!シーズン4まで続いた皆さんの結束力の中に身を任せて乗り込みたいなと(笑)。
 今回私が演じさせていただいた山口薫という女性は…難しいですね。一言では表せないいろんなものを抱えていて、だから心理学を学んだのかもしれないですね。とにかくその辺りは見てからのお楽しみです!(笑)
そんな中、主演の小泉さんから気さくに話しかけてくださったりして現場はとても明るく楽しかったです。
 素直な言葉をついつい言ってしまう警視殿が何か憎めないキャラクターなのは、小泉さんの人柄が出ているのだろうなと肌で感じました。本当にすてきなメンバーとすてきなスタッフさんに囲まれて、私の持てる力は最大限に発揮させていただいたつもりです。皆さん、ゼロ係の夏を楽しみにしていてください!

『警視庁ゼロ係』

<鴨井達彦役・福士誠治 コメント>
 以前から続いているゼロ係に参加できてとても光栄です。キャストの方の個性あふれるキャラクター作りだったり事件を解決していく過程が見事な作品だと思っていたので、自分なりに楽しんで演じられたらすてきだなと思いました。
 鴨井達彦を演じるにあたっては、番組プロデューサーという役でしたので周りにいるたくさんのプロデューサーの方々をいろいろと参考にさせていただきました(笑)。
 小泉さんはとても気さくな方で、ゼロ係初参加の僕にもすぐに話しかけてくださりうれしかったです。ドラマでは飄々としているキャラクターではありますが、小泉さんならではの空気感がとても好きでした。初回の2時間スペシャルということもあり、しっかりと鴨井達彦を演じられたらいいなと思っております。鴨井というキャラクターにも注目して見ていただけるとうれしいです。

『警視庁ゼロ係』

<財前和夫役・木下ほうか コメント>
 大好きなシリーズの、しかも初回のゲストに呼んでいただいて大変光栄です。笑いの要素が多い刑事ドラマは珍しいので関心がありました。
 私はニュース番組の司会者という初めての、しかも難しい役どころだったので半泣き状態で準備をしていました。見本となるサンプルが多いので、誰かの真似にならないようにも注意しました。小泉孝太郎さんの超自由演技との戦いを、どうぞご期待ください。

<第1話あらすじ>
 ある日、屋上で育てたミニトマトを相談者へ届けに行く途中で倉庫に迷い込んだ冬彦(小泉孝太郎)は、無関係な二人の人間を拉致監禁した上に殺し合わせる遠隔操作殺人事件の第一発見者になる。杉並中央署に捜査本部ができ、今川兵馬(宮川一朗太)ら警視庁捜査一課の刑事に冬彦がKY発言をしていると、女性管理官・小田島龍美(斉藤由貴)が現れる。刑事課がゼロ係を邪魔者扱いするのに対し、龍美は「刑事課もゼロ係も関係ない」と遮った。龍美の殺人事件を面白がる様子に寅三(松下由樹)は怒り、二人は対立することに。
 財前和夫(木下ほうか)MCのワイドショー『ニュースにズーム』に犯行声明が届き、犯人は次なる犯行を予告する。事件や声明の内容から「死神ピエロ事件」と呼ばれるようになり、番組では犯罪学者の山口薫(足立梨花)が事件は今後エスカレートしていくのではとコメントする。冬彦はテレビ局へ乗り込んでいくが、犯行声明の送り先に選ばれ「ラッキーだ」と言い、財前やプロデューサーの鴨井達彦(福士誠治)らを怒らせる。
 後日、なんでも相談室にきた依頼で桜庭勇作(木下隆行)と太田文平(戸塚純貴)が現場へ行くと銃声が…。予告された第2の事件が起き、再び無関係な二人が殺し合いをさせられたのだ。再び声明が届いた『ニュースにズーム』では、薫が犯人像をサイコパスと分析し、財前が6年前に4人を殺害した殺人鬼・神沼洋(中野裕太)を話題にするが、冬彦は一連の犯行を「無差別殺人とは思えない」と主張する。
 そんな中、刑事部長・前川俊也(吉田栄作)が、「神沼が会いたがっている」と冬彦に報せに来る。6年前に頭を撃たれながらも神沼を逮捕したのは龍美で、前川は当時彼女の上司だったのだ。かつて科警研でレポートを書こうと神沼に面会を申し込んでいた冬彦は、寅三と共に拘置所へ。冬彦が「死神ピエロ事件」について話すと、神沼は冬彦の疑問に謎の答えを残すが…。
 連続犯人事件の犯人は誰なのか?どんな目的で、犯行を重ねるのか?そして、神沼はなぜ冬彦と会いたがったのか?ゼロ係は龍美に、踏み潰されてしまうのか!?パワーアップしたゼロ係が、奇妙で不可解な難事件に挑む。

金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』
7月19日(金)スタート
テレビ東京系
毎週(金)後8・00~8・54
※初回は2時間スペシャル

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える