• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『BOOKSTAND.TV』初の公開収録の模様を4週連続放送

97441_01_R BS12 トゥエルビの情報番組『BOOKSTAND.TV』(毎週(金)深2・30~3・00)の公開収録が行われ、その模様が1月20日(金)から4週連続で放送される。

公開収録が行われたのは、日本最大級のメールマガジン【水道橋博士のメルマ旬報】の執筆人の中から毎回ゲストを呼んで水道橋博士らとトークを展開する番組の人気コーナー“メルマ旬報.TV”。公開収録には、音楽評論家の丸屋九兵衛、お笑い芸人のサンキュータツオ、お笑いタレントで最近では芸能活動再開が話題になっている越前屋俵太の3人がゲストとして登場した。

1月20日OAでは、丸屋と水道橋博士が韓国の5人組グループ・BIGBANGの魅力を熱弁。丸屋の影響でBIGBANGに興味を持つようになり、ドームツアーにファンとして参加したという水道橋博士は「ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズのライブも見ているけれどBIGBANGはその100倍素晴らしい」と絶賛。丸屋も「G-DRAGONに抱かれたい」「今ナマモノのBL要素を味わえるのはK-POPと韓流ドラマだけ」など、独自の目線でBIGBANGの人気を分析する。

1月27日OAは、【水道橋博士のメルマ旬報】でPOISON GIRL BANDの研究を配信しているサンキュータツオとの暴露トークを。水道橋博士は自身の計らいでサンキュータツオとタレントの泰葉が交際寸前まで距離が近づいたという衝撃の事実を告白。サンキュータツオも当時の状況を振り返り「ドッキリなんじゃないか。どこにカメラがあるのかな」と半信半疑ながら水道橋博士の指示に従っていたことを明かす。しかも客席には泰葉が座っており、当事者を前に放送ギリギリのトークが繰り広げられる。

2月3日、2月10日OAは、1980~90年代にお笑いタレントとして活躍し、最近では芸能活動再会が話題になっている越前屋が登場。ビートたけしと交流のあった越前屋は、たけし軍団との食事の席でたけしから「芸人に向いていない」というアドバイスを受けたエピソードを語るほか、“フライデー襲撃事件”後の謹慎中のたけしとの会話も激白。そこから水道橋博士との“お笑い芸人論”へとトークはなだれ込んでいく。

水道橋博士がディープなゲストとディープなトークを繰り広げる公開収録の模様は、1月20日放送の『BOOKSTAND.TV』(BS12 トゥエルビ 毎週(金)深2・30)から4週連続放送。

オフィシャルサイト(http://www.twellv.co.jp/program/documentary/bookstand-tv.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える