• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「こんな日がくるんだなって」佐藤すみれインタビュー 映画『燐寸少女 マッチショウジョ』に主演

「こんな日がくるんだなって」佐藤すみれインタビュー 映画『燐寸少女 マッチショウジョ』に主演

ヤングエース(KADOKAWA)で連載中の鈴木小波の人気コミック『燐寸少女』が実写映画化。本作で、映画単独初主演を果たしたSKE48の佐藤すみれさんにインタビュー。演じたリンというキャラクターや、こだわりの詰まった衣装についてたっぷり語ってくれました。

こんな日がくるんだなって、びっくりしました

『燐寸少女 マッチショウジョ』

――初の単独主演のお話を聞いたときはいかがでしたか?

小学校1年生から子役をやっていて、映画には出たことがあったんですけど、単独主演というのは初めてですし、アイドルを始めてからは私を応援してくれるファンの方が、私がちょっとでも映っていると喜んでくださるので、早く言いたいなって思いながら握手会をしていました。
こんな日がくるんだなって、びっくりしましたね。

――SKE48のメンバーの反応はどうでしたか?

メンバーには映画好きな子がいるし、私がゴスロリを着ているっていうことでも見に行きたいという声が上がっていますね。きっと来てくれると思います。

――初主演作を撮り終えての心境はいかがですか?

まだ出来上がった映画を見ていなくてドキドキしています。いつも思うんですが、今回の主演とかそういうのをやったあとは、いい意味ですごく堂々としていられるようになるんです。自信がつくというか。
SKE48でセンター曲をやったときも同じで、自分がセンターにいてもいいんだという気持ちは、終わったあとにじんわりときますね。
今回も、映画のPR映像を見たりとか、ポスターなどが出来上がっていくにつれて、どんどん実感しています。

――演じたリンのキャラクターについてはどんなふうに考えましたか?

原作を読んだ時は、最近はやりの2.5次元みたいなイメージなのかなって。ミュージカルとか舞台で2.5次元という言葉がよく使われていて、最初はそういうイメージを勝手に固めすぎたんです。
人間より人形っぽいとか、感情が表に出ないみたいなイメージを最初に強くしばりつけすぎてしまって、あとから監督と話したりして、それを崩していきました。
でも、なかなか抜けなくて、棒読みっぽくなっちゃったりして。最終的には、最初思っていたのとは全然違うものになりました。

――演じてみて難しかったところは?

やっぱり棒読みに聞こえてしまうことでしたね。最初はそれがいいんじゃないかって思っていて、正体が分からないけど、気になってしまう存在と考えていて。でも、映像で見たり録音を聴いたりすると、何か違うなって思って、何度も変えていきました。

――試行錯誤してリンというキャラクターをつくっていったんですね。

同じせりふを何通りもいろんな言い方を試して、監督から「ちょっと笑ってみて」「ちょっと悲しんでみて」「ちょっと目を笑ってみて」とか指示をいただいて、「これだ!」「これは違う!」みたいなやりとりを少しずつやっていきました。
「あ、今のよかった!今の忘れないでね」とか言われて、今のどんな言い方だったっけ!?とか(笑)。

――作品にちなんで具現化したい妄想は?

疲れない体とか?(笑)

――控え目ですね(笑)

この作品をやってから大きい願いとか思わなくなっちゃったんですよ。こうしたいああしたいとか思わなくなっちゃって。

見た目も中身も細かいところまでこだわった

『燐寸少女 マッチショウジョ』

――ゴスロリファッションがよく似合っていますが、ご自身としてはいかがでしたか?

ゴスロリはもともと好きなんです。Angelic Pretty(アンジェリック・プリティ)さんの衣装なんですけど、衣装を決めるときも女子の意見って大事だなと思って、かなりわがままを言わせてもらいました。けっこう自分の意見が取り入れられたビジュアルになっているんです。

――こだわりのポイントは?

スカートの下に膨らみを出すために「パニエ」というものを履いていて、この衣装では4枚入っているんです。普通、ロリータさんとかは2、3枚でもけっこう膨らむんですけど、映像でリンの存在感を出すために豪華でもいいんじゃないかなということで、4枚入っています。持っているかごもいろいろ候補があって、これに落ち着きました。
衣装のリボンも、原作では白黒で色が分からないんですけど、映画では赤にしていて。それも黒で試したりとか、ベロアの生地にするか普通の生地にするかとかまでいろいろ試しました。監督とスタッフさんが一番迷っていたのがケープで、すごくこだわりましたね。
爪のマニキュアの色もこだわっていて、最初は普通の赤を塗っていたんです。でも、マッチを擦るシーンが多くて、手のアップのときにもっと血液っぽい赤にしたほうがいいじゃないかということで色を変えました。
あと、余談ですけど、私の手のアップのシーンで“ささくれNG”がすごい出たんです。「すみれさんのささくれ取ってください」って(笑)。

――最後は続編に続くみたいな感じで終わりますが…

最後のシーンは2パターン撮ったんです。どっちが使われてるのか分からないんですけど。
最後ってどうなっていました?

(スタッフがラストシーンを説明)

表情もいろいろ変えて何パターンか撮って、どれを使うかはそこでは決めないっていう撮り方だったんです。
決めないというよりも、それぞれの解釈ができるようにとか、どう撮ったら分かりやすいとか、いろんなパターンを撮ったんです。

――続編が見たくなる終わり方でした。

おおー!自分でも撮りながらどれを使うのかな?って気になっていたんです。

――それでは映画をご覧になる方にメッセージをお願いします。

もともとの性格がこだわり始めるととことんやっちゃうタイプで、見た目も中身も細かいところまでこだわったので、何回でも見てもらいたいです。
普段名古屋で活動しているので、全国で公開されることがうれしいなって思うので、名古屋からも全国からも見てもらえたらうれしいです。

 

PROFILE

佐藤すみれ|TVLIFE Webインタビュー

佐藤すみれ●さとう・すみれ…1993年11月20日生まれ。埼玉県出身。
2004年、ミュージカル「ココスマイル」初出演。
2009年AKB48正規メンバーへ昇格。2014年SKE48へ移籍。
2015年「第7回AKB48選抜総選挙」では49位となり、フューチャーガールズのセンターに選出される。映画『ウルトラマンサーガ』、ミュージカル「ピーターパン」、映画『放課後ロスト』、朗読劇「しっぽのなかまたち4」等に出演。
2016年6月には舞台「ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~」に朝日奈葵役で出演予定。 本作品が初の映画単独主演となる。

公式サイト(http://www.horipro.co.jp/satosumire/


映画情報

『燐寸少女 マッチショウジョ』

『燐寸少女 マッチショウジョ』
シネ・リーブル池袋/ユナイテッド・シネマ豊洲ほか絶賛公開中

出演:
佐藤すみれ 小林豊 本田剛文 小野賢章
美山加恋、上野優華、唯月ふうか、森迫永依
尾関陸、御伽ねこむ
岡幸二郎、大石吾朗、丘みつ子 他
原作:「燐寸少女」鈴木小波(KADOKAWA/角川コミックス・エース刊)
主題歌: 空想委員会「二重螺旋構造」
挿入歌: 村上紗由里「落陽」
監督:内田浩 脚本:石川北二 製作プロダクション:ホリプロ
配給:ホリプロ/スターキャット

映画『燐寸少女 マッチショウジョ』公式サイト(http://matchgirl-movie.com/

(C)2016「燐寸少女 マッチショウジョ」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える