• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

EXILE ÜSAインタビュー「みなさんの心が踊るような曲を作っていきたい」

EXILE ÜSAインタビュー「みなさんの心が踊るような曲を作っていきたい」

EXILE ÜSAが牽引するダンスプロジェクト・DANCE EARTH PARTYがシングル「NEO ZIPANG ~UTAGE~」をリリース。実際に日本中の祭りに参加した経験から“NEO ZIPANG”という祭りのニュースタイルを生み出すなど、飽くなき挑戦を続けるEXILE ÜSAに、今作への熱い思いを聞いた。

int_usa_01

――改めてDANCE EARTH PARTY結成の経緯とコンセプトを教えてください。

もともとDANCE EARTHのプロジェクト自体は2006年、約10年前から旅をスタートさせたところから始まりました。世界のダンスを踊ってみたいという夢から、まず最初にキューバの人たちと踊った時に、知らない者同士がダンスの力によって一瞬で近づけたんですよね。踊りがない国も民族もない。だからダンスという世界共通言語を使って世界の人とつながれると思って。DANCE EARTHの旅を続けてきて、これまでに書籍やDVD、絵本や舞台で表現してきました。そこから、次は音楽で表現したいという気持ちを僕なりに表現したのが、DANCE EARTH PARTYです。ひとりで旅して踊るより仲間がいた方が楽しいので、一緒に踊る人いないかなと見渡したらTETSUYAがいて、僕らは歌えないのでこの気持ちを歌で表現してくれる素敵な人いないかなと見渡したらShizukaちゃんがいたんです。一緒にPARTYを組んで、いろんな世界の音楽の旅をしていこうというのが、DANCE EARTH PARTYのコンセプトですね。

――EXILE TETSUYAさんとDream Shizukaさんは、DANCE EARTH PARTYに対してどんな感想を持っていたのでしょうか?

最初はDANCE EARTHの舞台に出演してもらって、その世界観を感じてもらうことでどんどん共感してくれて、一緒に活動したいと思ってくれたんだと思います。TETSUYAは僕が行った旅にもついてきてくれましたしね。

――前々作「BEAUTIFUL NAME」でEXILE TETSUYAさんとDream Shizukaさんが正式メンバーになり、この楽曲ではザ・スカタライツと今市隆二さんとも共演。非常に面白い組み合わせでしたよね?

そうですね。「BEAUTIFUL NAME」の原曲を聴いた時に、ゴダイゴさんの歌詞が凄くピースフルでDANCE EARTH PARTYで表現したいことに物凄く近かったんです。ぜひ現代の人にも聴いてもらいたいと思って、カヴァーさせていただくなら踊れるアレンジにしたいと思ったんです。それなら絶対にスカのリズムが合うと思って、せっかくならスカを世界に広めた大御所にオファーしてみようとダメ元でお願いしたらOKいただけて嬉しかったですね。

――世界を旅してきたU?SAさんが、日本の祭を旅するようになったその想いを教えてください。

いろんな世界を旅してきて、いろんな人たちと踊ってきた中で、みんな自分の国とか民族に誇りを持って踊っているのが凄くかっこ良いなと思っていました。そこでその人たちに決まって質問されるんですよね。「あなたの国の踊りはどんななの?」と。その時、明確な答えを自分は持っていなかったんです。それが恥ずかしくて…。これはもう一度、自分たちの国、日本を踊る旅をして、そして世界の人と出会った時に自分の国の踊りを発信できるようにしたいと思ったんです。やっぱり日本には八百万神(やおよろずのかみ)がいて、すべてのものに神が宿るって教えがあって、その神様の数ほど踊りがあって祭りがある。だから、踊り人口密度的には世界一くらいのレベルなんじゃないかと思って、その祭りで踊る旅を2013年から始めました。あと、世界の人から見る日本人って「どこかシャイで踊りとか参加しない民族だよね」ってイメージがあるらしいんです。でも、僕が見た日本の祭りでは、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまでみんなが踊ってるんですよね。そこで僕らの国は踊る国だと確信しました。それを知っただけでも今後の旅が変わってくるし、自分の国に誇りが持てた瞬間でしたね。

――今作「NEO ZIPANG ~UTAGE~」はどんな想いから制作にとりかかっていったのでしょうか?

日本の踊りはいつから始まったのか調べていくうちに、古事記に書かれている天岩戸(あまのいわと)神話に惹かれたんです。その神話に書かれていたのは、太陽の神様がすねて岩戸に隠れてしまった時に、八百万の神々が集まって会議をしたという話。そこで神々が出した答えが「踊ろう」だったんですよ! もうテンションが上がっちゃって(笑)。神様も踊りが好きなんじゃん! って。その時の踊りの様子や雰囲気を現代版にして、古事記を今時期(こんじき)にしたいなって裏テーマを持って制作に入りました。この天岩戸神話がメッセージとして残そうとしたことは、きっと岩戸は人の心の状態なんですよね。それが閉ざされてしまうと、世の中が暗く見えてしまう。その岩戸を開かせるためには、音楽と踊りが最適だってメッセージと自分は解釈したんです。そうして、僕も祭りを作ろうと思ったんです。400年前に始まった伝統的な祭りも、400年前に誰かが始めたことですよね。その瞬間を僕たちもやりたい、この時代にも必要な音楽と踊りと衣装とお祭りがあるはずだと思ったのが、この楽曲をスタートさせるきっかけです。

――サウンド・アプローチとしては、どんな青写真を描いて制作したのでしょうか?

古くからある日本の和楽器を取り入れたいという気持ちが最初にありました。それと同時に、最先端のダンス・ミュージックと融合させたいという構想もあったんです。今回は和楽器をDRUM TAOさん、最先端のダンス・ミュージックを作れる最高の若手ということでbanvox君にお願いしました。

――和太鼓と打ち込みのバランスって、非常に難しかったんじゃないですか?

打ち込みの機械的な音と、温かみのある生音との融合は、一番難しかったところでした。太鼓と笛の力が強いので、出しすぎると歌や他の音が埋もれてしまったり。Banvox君をかなり悩ましてしまいましたけど、曲が完成した時は最高のハイタッチができました。

――ダンス、振りつけで表現したかったことは何でしょうか?

今回、日本の旅がベースとなっていて、そこで気に入った動きを取り入れています。例えば阿波おどりの手と足の運び方だったり、サビではねぶた祭のハネトの動きが反映されていたり、ソーラン節の手が反映されていたり、どじょうすくいが入っていたり。それをHIP HOPと混ぜてアレンジして取り入れてました。もちろん輪になってみんなで一緒に踊れる振りつけも考えましたね。

――最後に今作やインタビューを通して初めてDEPを知っていただく方へメッセージをお願いします。

DANCE EARTH PARTYのテーマは、ダンスでアースをハッピーにすること。なので、世界の音楽を取り入れながら、みなさんの心が踊るような曲を作っていきたいと思っています。僕らの曲を聴いてくださった方々とも、いつか一緒に踊りたいと思っているので、ぜひチェックしてみてください。

 

PROFILE

EXILE ÜSA
●えぐざいる・うさ…2月2日生まれ。AB型。神奈川県出身。EXILEオリジナルメンバーで昨年末、パフォーマーを卒業。ダンスで世界をつなげるプロジェクト『DANCE EARTH PARTY』の発起人で役者としても舞台やTVなどマルチな活躍をみせる。NHK Eテレにて放送中の『Eダンスアカデミー』(毎週(金)後6・55)に出演中。

『DANCE EARTH FESTIVAL 2016』
2016年10月15日(土)
幕張海浜公園特設エリア

EXILE Official Website:http://exile.jp/
DANCE EARTH Official Website:http://www.dance-earth.com/

 

リリース情報

int_usa_02
DANCE EARTH PARTY feat. banvox + DRUM TAO
「NEO ZIPANG ~UTAGE~」
2016年8月3日(水)発売
(CD+DVD)  ¥1,800+税
(CD) ¥1,000+税

Official Website:http://avex.jp/dep/

 

●text/馬渕信彦

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える