朝ドラ『おかえりモネ』清原果耶の両親役に内野聖陽、鈴木京香【コメントあり】 | TV LIFE web

朝ドラ『おかえりモネ』清原果耶の両親役に内野聖陽、鈴木京香【コメントあり】

ドラマ
2020年09月13日

『おかえりモネ』

清原果耶がヒロインを演じる2021年度前期 連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合ほか)の新たな出演者が発表された。

連続テレビ小説104作目となる本作は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けてゆく物語。脚本は、『リッチマン、プアウーマン』『きのう何食べた?』『サギデカ』などの安達奈緒子。

今回、発表されたのは、清原演じるヒロイン・永浦百音の家族を演じるキャスト陣。百音の父・耕治を内野聖陽、百音の母・亜哉子を鈴木京香、百音の妹・未知を蒔田彩珠、祖父・龍己を藤竜也、祖母・雅代を竹下景子が演じる。竹下は語りも担当する。

清原果耶
清原果耶

出演者発表を受けて清原は、「そうそうたるキャストの皆さまとご一緒させていただけることをとても光栄に思います。脚本を読むたびに、安達さんの愛の詰まった物語に心を弾ませていましたが出演される皆様のお名前を耳にし出してから、より『おかえりモネ』の世界が鮮やかに色付きはじめました」と。

そして「百音としても、私自身としても感じ得るものがきっとある出逢いと歩みになるのではないかと思っております。キャストの皆さまと『おかえりモネ』の時間を共に過ごすことが出来る日々が待ち遠しいです。撮影はまだ少し先ですが、現場に染み渡る空気感をドラマを観てくださる皆さまにお届けできますよう楽しく、健やかに、誠心誠意努めて参ります」とコメントしている。

出演者キャスト

  1. 1
  2. 2