Aぇ!group末澤誠也が大倉忠義×広瀬アリス『知ってるワイフ』出演決定!末澤主演のスピンオフも【コメントあり】 | TV LIFE web

Aぇ!group末澤誠也が大倉忠義×広瀬アリス『知ってるワイフ』出演決定!末澤主演のスピンオフも【コメントあり】

ドラマ
2020年12月04日

『知ってるワイフ』

2021年1月7日にスタートする大倉忠義主演の木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系)に、末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定した。

さらに、本作がフジテレビドラマ初出演、かつゴールデンプライム帯の連続ドラマ初出演となる末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』のFOD独占配信も決定した。

『知ってるワイフ』は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送された大ヒットドラマ『知ってるワイフ』が原作。大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、タイムスリップという奇跡をきっかけに“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー。

末澤が演じるのは、主人公・剣崎元春(大倉)と同じ融資課担当の新人行員・篠原恭介。篠原は、いわゆる“ゆとり教育世代”。頭の回転が速く効率的に仕事をこなし、やりたくないことはやらない。上司の命令に素直に従う元春たちを見ながら、「こんな風にはなりたくない」と思っている。

一方で、IT会社の役員を務めている優秀な兄と比較されて育ったため、人からの評価に敏感。そんな劣等感を悟られないようにクールな人物を気取っているが、実は繊細で心優しい青年だ。末澤は、同じ関西出身で事務所の先輩である大倉とは初共演となる。

さらに、元春の同僚で、窓口課担当の尾形恵海役を佐野、樋口静香役を安藤が演じる。佐野がフジテレビドラマに出演するのは、『好きな人がいること』(2016年7月期)以来4年ぶり。安藤がフジテレビのゴールデンプライム帯の連続ドラマに出演するのは、本作が初となる。

末澤演じる篠原を主人公に描くスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』には、尾形(佐野)、樋口(安藤)も登場。恋人と別れたばかりで傷心の篠原だったが、職場で特別な感情を抱く存在がいることに気づく。

一方、篠原のことを「変わった新人」と思っていた恵海と静香の心境にも変化が…。そして篠原の不器用な恋心が、予想外の三角関係へと発展させてしまうことに…。

スピンオフドラマは、地上波初回放送終了後に第1話を配信。以降、毎週木曜の番組終了後に配信予定。他のレギュラーメンバーたちのサプライズ登場も予定されている。

  1. 1
  2. 2