『バンクオーバー!』スカイピースが歌う主題歌「分かれ道」を使った特別PR動画公開

ドラマ
2021年09月23日

『バンクーオーバー!~史上最弱の強盗~』

9月26日(日)に後編が放送される間宮祥太朗主演のスペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(日本テレビ系 後11・00~11・55)の特別PR動画が公開された。

本作は、のっぴきならない事情を抱えた主人公が銀行強盗に入るも、そこでもう1組の銀行強盗と鉢合わせするというありえない設定で描かれるサスペンスコメディー。銀行強盗に入った主人公・佐助を間宮祥太朗、銀行に居合わせた女弁護士・さくらを上白石萌歌が演じる。

脚本を担当するのは、卓越したギャグセンスでコメディに定評のある元芸人の脚本家・森ハヤシ。昨年、森が脚本を担当したスペシャルドラマ『ダブルブッキング』では、鮮やかな伏線回収とまさかのサスペンス展開が話題になったが、今回も『ダブルブッキング』の制作陣が再結集している。

9月26日の後編放送を前に、スカイピースが歌う主題歌「分かれ道」を使った特別PR動画が日テレドラマ公式YouTubeチャンネルで公開された。

主題歌の「分かれ道」について、スカイピースの☆イニ☆は「昔からの仲間が夢を諦めてしまって、止めてあげたいけど、自分に何ができるのか。どんな言葉を投げかけたらいいのか、そんな葛藤を描いている曲」とコメント。テオくんは「周りの人が何かを諦めてしまうという瞬間に出くわした時に、あなたはどんな言葉をかけてどんな選択をしますか。自分がその人の側にいて、横にいてあげて、何ができるのかを考えた時に書いた歌詞です」と語っている。

後編では、登場人物全員が抱える、見た目からは想像できない「ウラ事情」が全て明らかになり、感動の大逆転劇の幕が上がる。伏線が一気に回収され“超気持ちいい”衝撃のラストを迎える。

『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』
日本テレビ系
2021年9月26日(日)後11・00~11・55