鈴木亮平主演『TOKYO MER~走る緊急救命室~』日本のドラマで初めてディズニーが世界配信

ドラマ
2021年09月29日

ディズニープラスの新ブランド「スター」にて配信開始される『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

株式会社TBSテレビは、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社と作品配信について合意し、10月27日(水)から提供開始となるDisney+(ディズニープラス)の新ブランド「スター」で、今年7月期に放送した日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を配信することを発表した。

これにより『TOKYO MER』が日本のドラマとして初めてディズニーが世界に配信する作品に。また、今後も継続的に同様の取り組みをすることで両社が合意した。

ディズニープラスは、ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、10月27日からは、新たなコンテンツ・ブランド「スター」が追加され、大人が楽しめるドラマや映画、オリジナル作品、そして日本のコンテンツまで、今後16,000作品を超える膨大なコンテンツがラインアップに加わる。

『TOKYO MER』は、重大事故、災害、事件の現場に駆け付け、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格救命医療ドラマ。チーフドクターで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医・喜多見幸太を鈴木亮平が演じ、喜多見に反発しつつ、現場では最高の相棒となる医系技官・音羽尚役で賀来賢人、研修医・弦巻比奈役で中条あやみ、さらに菜々緒や仲里依紗、石田ゆり子らが出演した。

TBSテレビ 総合編成本部 DXビジネス局長 中谷弥生 コメント

TBSグループのドラマを高く評価していただき、この度のディズニーさんとの世界配信の取り組みとなりました。『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は日本国内の放送や配信で大変ご好評いただいた作品なので、グローバル市場で1人でも多くの皆さんにご覧いただきたいと思っております。TBSは成長戦略として、世界のマーケットへの進出・拡大を掲げており、今後もTBSグループのコンテンツを世界の皆様に届け、世界コンテンツと切磋琢磨していきたいと思っております。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』主演・鈴木亮平 コメント

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』がディズニープラスのスターで配信されると聞き、大好きな「アベンジャーズ」や「トイ・ストーリー」などの作品と並べることをとてもうれしく思っています。この作品が、今後、世界に配信されより多くの方にご覧いただけることに期待が膨らみ、ワクワクしています。

©2021 Disney and its related entities.
©TBS