杉咲花&杉野遥亮『恋です!』弱視の盲学校生×ヤンキーのラブコメディ今夜スタート

ドラマ
2021年10月06日

杉咲花主演の新水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系 毎週(水)後10・00~11・00)が10月6日(水)にスタートする。

本作は、WEB連載での閲覧数累計2000万PVを突破したうおやまによる話題作が原作。光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)が、誰からも恐れられている不良少年・黒川森生(杉野遥亮)に出会い、不器用ながら少しずつお互いのことを理解しひかれ合っていくラブコメディ。

共演には、森生のライバルで、隣町の元“ボス”ヤンキー・金沢獅子王役で鈴木伸之、ユキコの姉・赤座イズミ役で奈緒、ユキコとイズミの父で写真家の赤座誠二役で岸谷五朗。

ユキコが通う盲学校の同級生・紫村空役で田辺桃子、青野陽太役で細田佳央太。森生のヤンキー仲間役・緑川花男役で戸塚純貴、桃井草介役で堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、橙野ハチ子役で生見愛瑠。

さらに、森生たちのたまり場となっている喫茶店の店主・橙野茜役でファーストサマーウイカ、ユキコが通う盲学校近くのハンバーガーショップの店長・茶尾役で古川雄大が出演する。

また、盲目の漫談家で『R-1ぐらんぷり2018』王者の濱田祐太郎が、解説コーナーの案内人役で登場し、視覚障害に関する豆知識を自らの体験談も交えて紹介する。

<第1話(10月6日(水)放送)あらすじ>
盲学校高等部に通う赤座ユキコ(杉咲花)は、おっちょこちょいなカメラマンの父(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。色と光がぼんやり分かる程度の弱視のユキコは、その日、いつものように白杖をついて学校へと急いでいた。
しかし、ツイていないこと続きで時間は遅刻寸前。そんな日に限って、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇してしまう。何やら物騒な会話を交わす男たちに、どいてほしいと頼むユキコだが、相手は地元でも有名な札付きのワル「黒ヒョウのモリ」ことヤンキーの黒川森生(杉野遥亮)と、その仲間・花男(戸塚純貴)と草介(堀夏喜)だった。
そんな中、白杖をつかまれて、反射的に蹴り上げたユキコの足が、偶然にも森生の股間にヒットしてしまう。もだえ苦しむ森生を心配し、よく見ようと覗き込むユキコ。だが、その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた森生は、恥ずかしさから思わずフリーズ。森生の中で“何か”が始まる。

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』
日本テレビ系
2021年10月6日(水)スタート
毎週水曜 後10・00~11・00

地上波では、音声によるガイドがついた解説放送を実施。
Hulu・TVerの見逃し配信でも解説放送版を配信。

この記事の写真