萩原利久&高野洸、“美しい彼”八木勇征を絶賛「唇がぷるぷる」「立ち方もきれい」

ドラマ
2021年11月17日
『美しい彼』完成披露トークイベント

MBSドラマ特区枠で11月18日(木)より放送される『美しい彼』の完成披露トークイベントが行われ、萩原利久、八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、高野洸がドラマの衣装で出席した。

本作は「BLアワード2015」で第1位を獲得した凪良ゆうによる同名大ヒット小説の実写ドラマ化。物語の主人公で、思うように言葉を発せない「吃音症」があり、幼い頃から周囲になじめず“ぼっち”を極める高校3年生・平良一成を萩原、学校のカーストの頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏を八木が演じる。また、大学編からは、高野演じる小山和希も登場し、もどかしくもキュンとするストーリー展開が見どころの青春ドラマとなっている。

◆萩原さん演じる平良は、吃音症があって、自己表現が苦手な難しい役柄だと思いますが、演じられていかがですか?

萩原:準備をして臨みました。平良はなかなか言葉で感情や気持ちを表現できなくて、心の声で自分を表現するので、対面すると、目線や表情で平良を表現しないといけなくて。そこは難しかったですね。でも、清居という存在が平良にとっては絶対で、清居が言葉を強く投げてくれますし、清居がトップでいてくれたので、ただ美しいものを見る気持ちでした。

◆八木さん演じる清居奏は、平良がひと目ぼれしてしまうほどまさに「美しい彼」という存在ですが、演じられていかがでしたか?

八木:『美しい彼』というタイトルがインパクトのある作品なので、立ち振る舞いも含めて美しくいようと思って演じさせていただきました。初めて平良に会った時から、徐々に変わってくる清居の心境の変化など、分かりづらい部分を演じるのは難しかったです。

◆高野さんが演じる小山は大学編からの登場で、平良にひかれていく役どころですが、演じられていかがでしたか?

高野:実際に平良のことを本当に好きで演じました。平良と清居は、高校生活で描かれていく中では近いようで距離があるというか、お互いの気持ちを分かりきれていない部分があると思いますが、大学生活に入って、平良にとって小山という距離感の近い友達が出来て。平良と同じ目線で話せる相手として、平良のことを思いながら演じました。

『美しい彼』完成披露トークイベント

◆萩原さんと八木さんは高校生役ということで、制服を着ていますが、袖を通した感想は?

八木:一種のユニフォームですね。少し恥ずかしかったです。

萩原:一人一人着ている制服も少しずつ違って、役によって着くずしたりとか。かわいいですね。

◆高野さんは大学編での出演ですが、制服は着たかったですか?

高野:着たかったですね。うらやましいです。オーバーオールが多かったので、私服にしても攻めてるなーと思います。他にも衣装はあるので、それはお楽しみに…ということで(笑)。

◆男子学生の初恋がテーマですが、皆さんの初恋のエピソードはありますか?

八木:僕は保育園の先生です。すごく優しいのはもちろんなんですけど、僕が泣いているときに、僕だけあやしてくれて。好き~ってなりました(笑)。

萩原:僕は小学1年生くらいの時に、友達と同じ子が好きでした。「今日は俺の方がかっこよかったと思う」とか話してましたね。

高野:僕は、中1くらいの時に、GREEがはやってて。好きな子のGREEのページを毎日ずっと見てました(笑)。

◆最近キュンとしたことはありますか?

八木:耳かきです。それも、ただの耳かきじゃなくて、ライトがつくんです。その耳かきから携帯に電波をつなげて、自分の耳の中を見ながら耳かきできるんです。でも、いまだに僕の携帯が一回も電波を受信したことがなくて。ひと目ぼれして買ったけど、裏切られた、恋と失恋を経験しましたね(笑)。

高野:僕は今期のさんまですね。お店に食べに行ったときにさんまのメニューがあったらうれしいです。

萩原:八木君と突然肉を食べに行く機会があって。山盛りのライスと300グラムくらいのハンバーグをおかずに、弁当食べた後に来た状態でずっと食べてるのを見て。気持ちいいくらい口に吸い込まれていくのを見てた。

八木:誰がカービィじゃ(笑)。

萩原:(高野に)見てほしい。キュンとするよ。

八木:キュンとするの?(笑)

◆ドラマにちなんで「〇〇な彼」という企画を用意しました。まず最初は高野さんにまつわる「〇〇な彼」をお願いします。

萩原:「ニコニコキラキラひょっこりな彼」。いつもニコニコしてるんですよ。いつもキラキラしてて。ふとした時にぱっと横を見たりしたらひょこっているんですよね。小動物みたいな瞬間があるんですよ。後ろにくっついてくる小動物みたいな。

高野:たしかについていってたかもな~…

八木:ちょこっと感。

萩原:そう、ちょこっとしてて。結構印象的ですね。こんなにかわいらしい年上の方に出会ったことなかったので。

『美しい彼』完成披露トークイベント

八木:「こんなにオーバーオール似合う人いる!??な彼」。似合いすぎですよね。石塚さんを見た時と同じくらいの衝撃を受けました。

高野:オーバーオールしか着てないからでしょ(笑)。

八木:…ちょっとあるかもしれない(笑)。でもこれ以外にもニコニコキラキラってのも分かるし、いろんな魅力があるんですよ。

高野:全然たいしたこと言われてないですね(笑)。

八木:そんなことないでしょ!?

高野:いいですよ、ひょっこりしときますんで…(笑)。

萩原:すねちゃった(笑)。

◆続いては萩原さんにまつわる「〇〇な彼」です。

高野:「Cherryな彼」。玉置浩二さんのファンクラブの名前がCherryで。利久はずっと楽屋で玉置浩二さんの曲流すんですよ。「どこまでファンなの?」って聞いたら、「俺Cherryだから」って言ってて。プレゼンされました。

萩原:本当に大好きでよく流してるんですよね。どんだけ聞かせるんだよ! ってくらい。浩二ハラスメントってくらいですね。

八木:僕は、「吸いこまれる瞳の彼」。平良って目がすごく印象的なんですけど、利久も目が印象的で。初めて会った時も、マスクの上からも、吸い込まれる目をしていると思います。

萩原:うれしいですね。目に関しては、平良を演じる上でもすごく意識していたところなので、そこを褒めていただけるとキュンとしますね。

『美しい彼』完成披露トークイベント

◆最後は、「美しい彼」こと清居を演じる八木さんにまつわる「〇〇な彼」です。

高野:「ぷるっぷるな彼」。マスクをしててもマスク越しにぷるぷる感が分かるんですよ。お肌が。マスクを外したら唇がぷるぷるでしたね。

◆八木さんはメンテナンスというか…何かお手入れは?

八木:朝の水洗顔。洗顔フォームとかは肌がきゅってなってあんまり好きじゃなくて。化粧水と乳液を基本使わない。メイクさんに出してもらったときはあるから使うけど…基本使わないです。

萩原:「美しい彼」。これしかないんじゃないですか? 立ち方とかもきれいで。清居君も美しいけど、本人も美しくて、現場でも清居だなーと思うところが多いです。

『美しい彼』完成披露トークイベント

◆それぞれ全く違うキャラクターを演じられていると思いますが、ご自身が一番仲良くなれそうなキャラクターはどなたですか?

八木:小山。

萩原:小山だな~。優しいしとっつきやすいし。(高野は)平良か清居だったらどっち?

高野:清居かなー…?でもどっちとも仲良くなれる気もする。

◆最後に本作の見どころをお願いします。

高野:原作を読ませていただいた時も、本当に面白い作品だと思いました。複雑な感情が交じり合っていて。恋することの美しさが描かれている中で、もどかしさやすれ違いもあって面白い展開が続きます。映像もきれいで、最終回まで全部、僕も楽しみにしているので、皆さんも楽しんでいただけたらと思います。

八木:作品の完成がすごく楽しみです。映像美だったり、監督やスタッフで試行錯誤していろいろな思いが込められた作品になっていると思います。面白い展開になっているので、僕自身も楽しみですし、皆さんにもぜひ見ていただきたいなと思います。

萩原:とてもこだわって、一つ一つ丁寧に作りました。同じ出来事でも、平良や清居、小山の違う目線で切り取ったりしていて、1回目と2回目で見た時に違う印象を持てるんじゃないかと思います。みんなそれぞれクセの強いキャラですが、3人の不器用で人間味のあるところも、それぞれの感じたままに見ていただけたらと思います。最後まで見ていただけたらすごくうれしいです。よろしくお願いします。

『美しい彼』完成披露トークイベント

ドラマ特区『美しい彼』
MBS
11月18日スタート
毎週木曜 深0・59~

テレビ神奈川
11月18日スタート
毎週木曜 後11・00~

チバテレ
11月19日スタート
毎週金曜 後11・00~

とちテレ
11月25日スタート
毎週木曜 後10・30~

テレ玉
11月25日スタート
毎週木曜 後11・30~

群馬テレビ
11月25日スタート
毎週木曜 後11・30~

配信:TVer、MBS動画イズム 見逃し配信1週間あり

この記事の写真

©「美しい彼」製作委員会・MBS