島崎遥香「一緒にごはんを食べているような感覚で楽しんでもらえたら」『黙食女子』第2話

ドラマ
2021年12月09日
『黙食女子』

島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏が主演を務めるオリジナルドラマ『黙食女子』(ひかりTV)。12月10日(金)放送の第2話の主人公を演じる島崎遥香のオフショットと合わせて、見どころについてのコメントも到着した。

本作はうどん好き女子たちが至福の一杯を求めて、うどんの名店を巡るグルメドキュメンタリードラマ。各話に登場するうどん好き女子が日々の喧騒(けんそう)から離れ、雑念を取り払い、無言で目の前にある一杯のうどんに全集中して向き合う。

第2話の主人公は、元AKB48で女優の島崎遥香。高田馬場にある「大地のうどん」を訪れ、名物「ごぼう天うどん」を堪能。スペシャルゲストとして、芸人のかが屋の2人が大学生役で登場する。

『黙食女子』

撮影を終えた島崎は、「ごぼう天がサクサクしていてとてもおいしかったです。揚げ物だけど、汁が重すぎないから、最後までぐたっとならずに食べ切れて、とてもいい感じでした」と今回舞台となった「大地のうどん」のうどんを絶賛。

「おいしそうに食べている感じを意識しようとしても、ごぼう天が大きすぎて(苦笑)。あれを上手に食べられる人はいないんじゃないかと思いつつ“いいや!”と思って、食べ始めました 」と、撮影時の苦労を明かした。

また、本作の見どころについて「私はひとり暮らしなので、よく動画などで人が食べている姿を見ながら食事をするんです。きっとそういう目的の人っていると思うので、一緒にごはんを食べているような感覚で、ドラマを楽しんでもらえたらいいなと思います」とアピールした。

コメントと合わせて、オフショットも解禁となった。スタッフと撮影前の打合せをする、真剣な表情を見ることができる。本編ではあまりのおいしさに、演技を超越して“リアル”にうどんを堪能する姿も映し出されるとのことで、こちらも必見だ。

また放送後には毎回、同店舗の別メニューを満喫するスピンオフ映像も配信される。今回第2話で登場する「大地のうどん」のサイドメニューは、ふわふわの「丸天」250円(税込)。オーダー後に生から揚げるという手づくりの丸天を“黙食”でおいしくいただく。

『黙食女子』

第2話 あらすじ

東京都・新宿区、高田馬場。全国屈指の学生街で、カジュアルグルメの充実さは東京トップクラス。そんな激戦区で、中西千佳(島崎遥香)がランチタイムに訪れたのは、福岡で大人気のうどん店「大地のうどん」。サラリーマンや学生でにぎわう店内には、独創的なメニューのイラストや個性的な貼り紙など、気になるものばかり。種類豊富なメニューの中から選んだのは、福岡のソウルフード、ごぼう天うどん。店員の帽子には「ごぼう天 LOVE」という文字書かれ、うどんへの期待は高まるばかり。就活に悩む大学生(かが屋)が「浪人してでも食べたい!」と願う、ごぼう天うどんとは…。

番組情報

『黙食女子』

オリジナルドラマ『黙食女子』
ひかりTVチャンネル/ビデオサービス
毎週(金)後10・30~

出演:島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏

公式サイト:https://www.hikaritv.net/sp/mokusyokujyoshi/
公式Twitter:@mokusyokujyoshi
公式Instagram:@mokusyokujyoshi

この記事の写真