宇垣美里「きっとお腹が減ること間違いなしです」『黙食女子』第1話オフショット解禁

ドラマ
2021年12月02日
宇垣美里

島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏が主演を務めるオリジナルドラマ『黙食女子』(ひかりTV)。12月3日(金)放送の第1話の主人公を務める宇垣美里のオフショットと合わせて、見どころについてのコメントも到着した。

本作はうどん好き女子たちが至福の一杯を求めて、うどんの名店を巡るグルメドキュメンタリードラマ。各話に登場するうどん好き女子が日々の喧騒から離れ、雑念を取り払い、無言で目の前にある一杯のうどんに全集中して向き合う。

第1話の主人公は、フリーアナウンサーの宇垣美里。本郷三丁目にある「味噌煮込罠」を訪れ、名物「味噌煮込みうどん」を堪能する。スペシャルゲストとして、芸人のヒコロヒーが雑誌編集者役で登場。ヒコロヒーが店主から引き出す、うんちくにも注目だ。

撮影を終えた宇垣は「味噌の香りが良くて、麺も食感が楽しいタイプで噛めば噛むほど味わい深く、スープともマッチしていて、すごくおいしかった」と今回舞台となった「味噌煮込罠」のうどんを絶賛。

「つゆを飛ばすのが恐くて、いつもはゆっくり食べますが、撮影で“すすって”と言われたので、久しぶりにすすって食べようとしたら、意外と苦戦しました」と、撮影時の苦労を明かした。

『黙食女子』

また、本作の見どころについて「基本的にモノローグで展開する作品で、画として私がしゃべっているシーンはほとんどないからこそ、集中して観ていただけるのかなと思います」と。

「言葉に頼らない表現というか、黙々と食べていることによって、より一層うどんがおいしそうに見えるのかもしれません。きっとお腹が減ること間違いなしです」とアピールした。

コメントと合わせて、オフショットも解禁となった。撮影前の真剣な眼差しや、これから食べるうどんへの期待感があふれる表情。そしてあまりのおいしさに、演技を超越して“リアル”にうどんを堪能する姿は必見だ。

また放送後には毎回、同店舗の別メニューを満喫するスピンオフ映像も配信される。今回第1話で登場する「味噌煮込罠」のサイドメニューは、居酒屋メニューの「どて煮」(600円/税込)。味噌の風味豊かな煮込まれた牛筋を“黙食”でおいしくいただく。

『黙食女子』

第1話あらすじ

東京都・文京区、本郷三丁目。滝田凛(宇垣美里)が訪れたのは、名古屋名物の味噌煮込みうどん専門店「味噌煮込罠」。茶色で統一された店内には、八丁味噌のいい匂いが広がる。
キムチやイタリアンなど数ある味噌煮込みうどんメニュー中から、滝田は定番のものをチョイス。カウンター席では雑誌編集者(ヒコロヒー)が店主を取材中。母校・東大の近くに構えた理由や味噌へのこだわりに迫っていた。
やがて滝田のもとにも味噌煮込みうどんが到着。グツグツの鍋にうっとりの滝田であった…。

番組情報

オリジナルドラマ『黙食女子』
ひかりTVチャンネル/ビデオサービス
2021年12月3日(金)スタート
毎週(金)後10・30~

出演:島崎遥香、宇垣美里、紺野彩夏

公式サイト:https://www.hikaritv.net/sp/mokusyokujyoshi/
公式Twitter:@mokusyokujyoshi
公式Instagram:@mokusyokujyoshi

この記事の写真

©ひかりTV