萩原利久、馬場徹、田中俊介が堤真一主演『妻、小学生になる。』に出演決定【コメントあり】

ドラマ
2021年12月17日
金曜ドラマ『妻、小学生になる。』に出演する馬場徹、萩原利久、田中俊介

2022年1月期にTBS金曜ドラマ枠で放送される、堤真一主演の『妻、小学生になる。』に萩原利久、馬場徹、田中俊介が出演することが分かった。

原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融による同名漫画で、累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作。10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた。夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマだ。

主人公の新島圭介を堤真一、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで10歳になる白石万理華を毎田暖乃が演じる。さらに、万理華の母・白石千嘉役で吉田羊、圭介と同じ食品メーカーに勤めていて圭介の年下上司に当たる守屋好美役で森田望智が出演する。

そして新たに、新島一家に深く関わる人物を演じる3人のキャストが決定した。圭介の娘・麻衣と出会う愛川蓮司役を演じるのは萩原利久。子役から実力派若手俳優へと成長し、大注目の存在となった萩原。そんな彼が演じる蓮司は、麻衣が母の生まれ変わりである万理華によって叱咤激励され、前向きに生き始める中で出会う青年で、麻衣と深く関わっていく存在になる。

圭介の職場の同僚・副島由之役には馬場徹。『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズや『TOKYO MER~走る緊急救命室~』など数々の日曜劇場枠の作品に出演し、“日曜劇場に愛された男”とも言われている馬場が、金曜ドラマ枠に満を持して出演する。

同じく圭介の同僚・宇田慎一郎役には田中俊介。宇田は、同期であり、上司となった守屋について複雑な心境を抱えている。ドラマ・映画・舞台など活躍の場を広げる田中の演技にも注目だ。

萩原利久 コメント

初め、タイトルを見た時、文字通り素直にこのまま受け取っていいのか、それとも何か間接的についたものなのか、なんてことを思いました。
台本を読んでみるとファンタジーなお話ではありながら、人間模様をとても丁寧に描いていて、本当に世界のどこかでこんなことが起きているんじゃないかとも思いました。
台本を読んだ時に感じたこの素敵な世界観を、視聴者の皆様にも余すことなく届けられるよう自分も精いっぱいで臨もうと思います。
蒔田彩珠さんとは、以前高校1年生の同級生役でご一緒したことがあるので、社会人として共演するのが不思議な感覚でとても楽しみです。

馬場徹 コメント

脚本を読ませていただいて、立ち直れないほどのつらい経験をして生きていくのがやっとの主人公が、失われた時間や瞬間を取り戻していく過程に感動しました。
ファンタジーでありながら、それを飛び越えた愛にあふれた作品だと思いますし、「このドラマが好き!!」と作品に対する思いも強まりました!
一生懸命演じさせていただきますので、皆さんぜひご覧ください!

田中俊介 コメント

亡くなった妻が生まれ変わって小学生の姿で再び帰ってくる。それはそれはとんでもないファンタジー。
でもなんでだろう。そんな突拍子もない物語が現実世界に溶け込む不思議な魅力があるんです。

個性豊かな登場人物たちが織り成すこのお話の展開を想像すると、楽しくて楽しくて台本を読む手が止まりません。連続ドラマという“毎週の楽しみ”を皆様にお届けできることが本当にうれしく、その一員になれたこと、とても光栄に思います。続きが気になる…よし! 今週も仕事、勉強、頑張ってみるか! 皆様にそう思ってもらえるように、日常に光を与えられるように、愛情込めて演じさせていただきます。

番組情報

金曜ドラマ『妻、小学生になる。』
TBS系
2022年1月スタート
毎週金曜 後10・00~10・54

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/tsuma_sho_tbs/
公式Twitter:@tsumasho_TBS

©TBS
©村田椰融/芳文社

この記事の写真