『ハンオシ』清野菜名がParaviオリジナルストーリー最終回に出演決定 深川麻衣演じる麻宮祥子の恋もついに決着

ドラマ
2021年12月21日

Paraviで配信中、『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系 毎週(火)後10・00〜)のオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』の今夜配信される最終回に、本編でヒロインを演じる清野菜名の出演が決定した。

『婚姻届に判を捺しただけですが』は、偽装結婚をテーマにした“不意キュン”必至のラブコメディ。結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉(清野菜名)と堅物変人イケメン・百瀬柊(坂口健太郎)が、ひょんなことから偽装結婚という道を選び、“本当の夫婦の形”を見つける物語だ。

そのオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』では、ハイスペック男子との運命の恋を探し求める麻宮祥子(深川麻衣)と、そのまわりの男子たちとの恋模様が描かれている。

高収入だけど見た目がイマイチなイケメン元カレと再会するも、怪しい仕事をしているなど、どこか決定打に欠ける出会いしかなく婚活にくすぶっている中で、スペックは低いはずなのになぜか気になる、不思議な魅力を持つ唯斗(高杉真宙)に心惹かれていく。しかし、唯斗に友達認定されてしまい落ち込んでいた麻宮だったが、偶然再会し、まさかのデートの誘いを受ける。

そして、12月21日(火)配信の最終回は、その2人のデートのシーンから始まる。冒頭から思わせぶりな態度で麻宮を振り回す唯斗だったが、突然、驚きの事実を告白し、麻宮は動揺を隠しきれない。そんな中、麻宮に大加戸明葉(清野菜名)から突然の着信が。明葉のあるひと言をきっかけに、唯斗への気持ちを再確認する。

その後に麻宮がとった行動とは。

麻宮は、出会う男性全員に点数をつけて評価して、理想のハイスペック男子を探す“あざとい系婚活女子”という印象があるが、オリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』では、文句を言いつつも周りの人の恋を応援し、ときには自ら行動を起こして協力する、情に厚い姿を垣間見せる。そんな姿に、「最後は麻宮祥子が幸せになってほしい…!」と願うファンも急増中。そんな注目の麻宮の運命の恋がついに決着する。

配信情報

Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』
配信日時:2021年12月21日(火)
『婚姻届に判を捺しただけですが』 放送終了後 最終回配信開始

この記事の写真

©有生青春/祥伝社 ©TBSスパークル/TBS