天海祐希『緊急取調室』が1・3新春SPで復活!「皆さんにとっておせちのような楽しみになったら」

ドラマ
2022年01月03日

天海祐希さん主演のテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』が、2022年1月3日(月)に新春ドラマスペシャル『緊急取調室 特別招集 2022 8億円のお年玉』(後9・00〜)として帰ってくる。2014年にスタートした同シリーズは、取り調べを専門に行う緊急事案対応取調班(通称・キントリ)の取調官・真壁有希子(天海)らが被疑者たちと繰り広げるスリリングな心理戦が人気の作品。2021年7月クールに放送された第4シーズンの最終回で解散となってしまったキントリだが、今作では8億円強奪事件の真相を“マル裸”にするべく臨時再結成される。そこで、天海さんに作品への思いをお聞きした。

 

◆第4シーズン以来、『緊急取調室』が早くも復活しますね。

第4シーズンでキントリは解散となりましたが、それを残念がってくださっていた視聴者の方がいらっしゃるのであれば、こうして戻ってくることを喜んでくださるのではないかと思いました。私自身としても、キントリのメンバーとまたご一緒できるのはうれしいですし、ありがたい限り。あとは(脚本の)井上由美子先生がお書きになるとおっしゃるのであればぜひやらせていただきたいですと、今回のお話を頂いた時にお返事しました。

◆キントリ解散後、有希子は特殊犯捜査係へ異動となりました。そこからの3か月を有希子はどう過ごし、臨時再結成されたチームをどう感じていると思いますか?

有希子には7年という間、キントリで培ってきたものがある。その経験は次の場所でも絶対に活かせると、新しい職務にも前向きに取り組んでいたと思います。今回の臨時再結成に当たってキントリには新メンバーが加わり、有希子たちは先輩になりました。ただ、取り調べというのは個人の感覚的なものが頼り。だから、何かを教えるとか、指導するとかということができないんです。有希子自身、見て、感じて、考えて学んでいったところがある。新メンバーにも行動で示していくのではないかと思います。

◆その新メンバーは、捜査一課の刑事2人。警務部訴務課出身の生駒亜美(比嘉愛未)は負けず嫌いで自信家、捜査二課出身の酒井寅三(野間口徹)は頭脳派で皮肉屋というキャラクターです。2人の加入にどんなことを期待されますか?

キントリ発足時からのメンバーにしてみれば、自分たちがベースを作ってきたわけで、誰が来ても変わらないという思いがある。ただいっぽうで、新しい風が吹き込むことで、自分たちはさらに成長していけるという思いもあるのではないでしょうか。新メンバーは2人ともそれぞれの場所でさまざまなことを経験してきた人たちですから、その分野に関してはキントリの他の誰よりも知識を持っている。そういうものをどんどん吸収して、キントリはさらに深みと大きさを獲得できるのではないかと期待しています。

◆今作でキントリが対峙するのは、家長が大学の法学部教授、妻が東京高裁のトップ判事、長男が大手事務所のパートナー弁護士という、手ごわい“法曹一家”。その家の謎めいた家政婦・松原しおり(菜々緒)も被疑者の1人となります。菜々緒さんの印象は?

菜々緒さんとは映画「バイプレイヤーズ」でご一緒したのですが、その時もとても前向きにお芝居に取り組まれていて。今回の役柄に関しても、ご自身ができる限りのことを目いっぱい頑張ってくださるだろうと期待しています。劇中では、取調官と事件関係者として対峙することになりますが、お互いに譲らない部分、譲り合える部分で、せめぎ合えたら楽しいだろうなと思います。

  1. 1
  2. 2