小日向文世「毎日のようにみんなと会えることが幸せ」『嫌われ監察官 音無一六』連ドラ化に喜び

ドラマ
2022年05月03日
『嫌われ監察官 音無一六』
『嫌われ監察官 音無一六』左から)古川雄輝、小日向文世、遠藤憲一、小野武彦

5月6日(金)よりスタートする小日向文世主演の金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系 毎週金曜 午後8時※初回は2時間SP)のオンライン会見が行われ、主演の小日向文世をはじめ、遠藤憲一、古川雄輝、小野武彦が登壇した。

本作は、監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い“観察眼“と“ひらめき”で難解な事件に挑む音無一六(小日向文世)の活躍を描く刑事ドラマ。2013年に第1弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て「金曜8時のドラマ」枠で連続ドラマ化される。

まずは小日向が「音無一六がいよいよ連ドラとしてオンエアされるんだなとヒシヒシと感じています。まさか連ドラになるとは思っていなかったので、うれしい気持ちでいっぱいです」とあいさつ。

一六の実の弟・万丈二六を演じる遠藤も「刑事ドラマで犯人役や刑事役はいっぱいやってきましたが、タクシー運転手というのはなかったので、すごい斬新なキャスティングだなと思って受けさせていただきました。そんなドラマが連ドラになってうれしい限りです」と連ドラ化への喜びを語った。

これまで6度のスペシャル放送を経験している本作。撮影について小日向は「今までのスペシャルドラマは10日間くらいで撮影は終わってたんですけど、今回はクランクインしてから2か月以上が経過していて、こうやって毎日のようにみんなと会えることがとても幸せです。『みつる』にみんなが集まるシーンは、まるでホームドラマのような時間を過ごせるので、とてもその時間が好きです」とコメント。

一方、一六の新たな相棒・四堂厘太郎を演じる古川は、本作よりこのチームに参加。「最近は現場で一番先輩になる機会が多かったんですけど、今回は一番後輩になってました。先輩方がたくさんいらっしゃる現場に僕だけ新しく入るということで最初はものすごく緊張したんですけど、本当に温かく迎え入れてくださったので楽しく、真剣に撮影に挑めてます」と撮影現場について話した。

チームワーク抜群の現場は常に和気あいあいとした雰囲気で、遠藤は「この前、小日向さんや古川君との撮影シーンで僕から笑い始めちゃったら小日向さんにうつって、最後は古川君にもうつってみんなの笑いが止まらなくなってしまったので気をつけなきゃと思いました」とリラックスし過ぎていることを反省。

笑い始めた原因は「小日向さんの表情」だと言い、小日向も「ギリギリまで余計な話してるのに、芝居が始まると急に真剣な表情したりするから笑っちゃうんだよね」と語った。

古川は撮影での印象的なエピソードを聞かれると「小日向さんは僕の家族にすごく興味を持ってくださっているので、家族についての質問をすごくしてくれていて。新たに来るキャストさんには僕の代わりに僕の家族について説明してくださっています(笑)」と、ほほ笑ましい舞台裏を明かした。

また、一六たちが集まる居酒屋「みつる」の店主・二宮満役を演じる小野は、「みつる」のセットが今回から変更されたことを明かし、「これまでは出演者やスタッフさんも入れる人数が限られていたんですけど、前より一回り大きくなりました」と番組ファン必見の注目ポイントを紹介した。

最後に小日向は「刑事ものなんですけど監察官ということで、警察を観察するという今までなかった題材なので、今まで観てくれた方はもちろん、初めて観る方にもぜひ楽しんでもらえたらと思います」と視聴者にメッセージを送り、会見を締めくくった。

番組情報

金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』
テレビ東京系
2022年5月6日(金)放送スタート
毎週金曜 午後8時~
※初回は2時間スペシャル

主演:小日向文世
出演:遠藤憲一、古川雄輝、堀内敬子、石丸謙二郎、尾美としのり、小野武彦、田中美佐子
脚本:戸田山雅司、船橋勧
監督:倉貫健二郎、岡野宏信、副島宏司

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/otonashi/

©テレビ東京

この記事の写真