山﨑賢人が土屋太鳳が新たな“げぇむ”に挑む『今際の国のアリス』シーズン2場面写真解禁

ドラマ
2022年06月07日
©麻生羽呂・小学館/ROBOT

12月に配信される山﨑賢人×土屋太鳳W主演のNetflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2の場面写真が解禁された。

原作「今際の国のアリス」は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された、麻生羽呂による大ヒット漫画。2020年から2021年にかけて、新章となる「今際の国のアリスRETRY」が刊行された。

Netflixで佐藤信介監督によってドラマ化され、2020年12月にシーズン1が配信されると、日本国内のみならず世界中を熱狂させ、世界70か国以上でTOP10入り。生きる意味を見失っていたアリスやウサギたちが、元の世界に戻ることを希望としてまさに命懸けの“げぇむ”に挑む姿や、仲間との絆が深くなるほどに緊張感が高まるストーリー展開、知力・体力・チームワークなど登場人物それぞれの特性が生かされる多種多様な“げぇむ”の数々、そして高度な技術を駆使して描いた無人の渋谷の大迫力で世界の度肝を抜いた。

続編となるシーズン2では、元の世界に帰るために“今際の国”の謎を追いかけるアリス(山﨑賢人)とウサギ(土屋太鳳)が謎を解き明かすカギと思われる場所で仲間と敵、そして“げぇむ”を操る黒幕と出会う。“げぇむ”に勝利するたびに手に入るトランプの数字のカードを全て集めたアリスたち。残るはジャック、クイーン、キングの絵札のカードのみ。前作を上回る難易度とスケールの“げぇむ”に挑むアリスたちだが、全てのカードがそろった時、彼らは元の世界に戻ることができるか。

©麻生羽呂・小学館/ROBOT

6月6日(太平洋時間)から5日間にわたって開催されている年に1度のグローバルオンラインイベント「Netflix GEEKED WEEK 2022」で『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や『アンブレラ・アカデミー』などそうそうたるビッグタイトルと並び、日本から初めて本作が選出され、場面写真が初解禁。解禁されたのは、アリスとウサギがそれぞれ謎の装置を装着し、“げぇむ”に参加している場面や、倒れたプレイヤーを2人が助けている緊迫した表情の計3点。胸元に怪しく光る装置は何を意味しているのか。そして、緊迫した表情のアリスが見つめる先には何が待ち構えているのか。さらに、ウサギは鋭いまなざしでファイティングポーズをとっており、アクションシーンにも期待が高まるカットとなっている。

©麻生羽呂・小学館/ROBOT

作品詳細

Netflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2
2022年12月よりNetflixにて独占配信

原作:麻生羽呂「今際の国のアリス」(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
監督:佐藤信介

出演:
山﨑賢人、土屋太鳳、村上虹郎、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、渡辺佑太朗、阿部力、青柳翔、仲里依紗

脚本:倉光泰子、佐藤信介
撮影監督:河津太郎
音楽:やまだ豊
美術監督:斎藤岩男、大西英文
VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳
アクション監督:下村勇二
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
企画・制作:ROBOT

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス

この記事の写真

©麻生羽呂・小学館/ROBOT