大地真央×松本まりか『最高のオバハン中島ハルコ』“表と裏”の表情が楽しめるポスタービジュアル解禁

ドラマ
2022年09月17日
『最高のオバハン中島ハルコ』
『最高のオバハン中島ハルコ』©東海テレビ

10月8日(土)からスタートする土ドラ『最高のオバハン中島ハルコ』(東海テレビ/フジテレビ系 毎週土曜 午後11時40分〜深夜0時35分)のポスターが完成し、解禁となった。

本作は、林真理子の「最高のオバハン」シリーズを原作に、名古屋出身の毒舌スーパーレディ・中島ハルコ(大地)が、ひょんなことから知り合った庶民のダメンズ女子・菊池いづみ(松本)を振り回しながら、世の中の悩みをぶった切っていく痛快ストーリーの第2弾。脚本は前作に続いて、西荻弓絵が担当する。

このたび解禁となったのは、主演の大地真央と助演の松本まりかの“表と裏”の表情が楽しめるというポスター。その豪華な撮影風景の密着レポートが到着した。

10カラットの大粒イエローダイヤのリングに、胸元にはイエローダイヤとホワイトダイヤの組み合わせが新鮮なネックレス。そして耳にはホワイトダイヤの煌めきが揺れる。スタジオに登場した大地の神々しい姿に、スタジオの全員が息をのんだ。

大地が身に付けたのは、イギリスのハイジュエリー・ブランド「GRAFF」の新作3点。その総額なんと約4億5千万円という。庶民が聞けば「マジか⁉」と絶叫するような金額だが、大地は「まぁ!」とエレガントに驚くだけだった。

大地のドレスは、深みのあるグリーンカラー。そこに黒い羽のストールや宝石が合わさることで、大地の白い肌が引き立ち、圧倒的な美が完成される。また、今回のポスターは新たな試みにも挑戦している。1枚のポスターの両面に印刷し、表から見るか裏から見るかで印象の違うビジュアルに仕立てあげるという。

撮影前、プロデューサーから「表と裏、A面とB面で見せる2人の顔の違いで、第1弾よりも強まったバディ感を表現したい」との説明がなされた。そこで大地、松本が選んだA面は今作の不変のテーマでもある「悪を斬る!」にちなみ、「出陣」をイメージしたという。ドラマの舞台となる岐阜ゆかりの武将・織田信長のようにドヤッと強気に凄むハルコといづみ。ポージングも同じ腕組みにすることで、第1弾以上のバディ感が見事に表現された。

『最高のオバハン中島ハルコ』
『最高のオバハン中島ハルコ』©東海テレビ

いっぽう、B面のテーマは「変わらぬ日常」。ハルコといづみの日常は第1弾と同じ “翻弄する側”と“される側”。最強の名古屋マダムと庶民代表アラフォー女子の関係性もこのドラマの魅力であり、まさに表裏でドラマの全てを表現する仕上がりとなった。

撮影で、大地は手の位置や顔・体の向き、表情を次々変えていく。時折モニターをチェックしては「腕組みはもっと上でしたほうがいいですね」「肩が両方出るよりも、片方だけ羽が乗っている方がハルコっぽい強さが出ますね」と的確に判断していく。

撮影後、ハイジュエリーを身に付けた感想を大地に聞くと「やはりズッシリとした重さは感じますよね。撮影時はよく見えなかったので、外してからじっくり拝見させていただきました。その際、GRAFFのスタッフの方が『リングが2億5千万円、ネックレスが1億5千万円、そしてイヤリングが5千万円』とおおよその値段を教えてくださって、それを聞いていたら5千万円も『あら、安い』なんて感じてしまって(笑)。ハルコさんになりきっていたせいで何だか感覚がおかしくなっちゃいますよね」とチャーミングな笑顔を。

そんな中、大地と入れ替わりでスタジオに入った松本は、ふわりと柔らかい雰囲気を漂わせていた。衣装は秋らしいパンプキンカラー。大地のグリーンのドレスを意識したのか、両肩にグリーンのラインが細く入ったジャケット。そのさりげないコーディネートが、第1弾からのいづみの成長を感じさせた。

撮影されたばかりの大地の写真を見て、即座に雰囲気をつかんだ松本。日常パターンでは“翻弄される側”のいづみらしく「それってどうなの!?」と不安顔をしたり、「また巻き込まれた〜」と困惑顔をしたり。逆に、翻弄されまくった第1弾を経ているだけに「ハルコさん、そう来ましたか」とニヤリと笑ってみたり、次々とチャーミングに表現していく。表現上手な松本の本領発揮となった。

さらに、9月17日から「FOD」「TVer」「GYAO!」で第1弾の無料配信がスタートした。配信期間は話ごとに異なるが、第1話は、10月8日の第2弾の放送開始直前まで見ることができる。

そして本作の脚本は、第1弾に続き西荻弓絵が担当。『妖怪シェアハウス』『民王』など話題作を多数手掛けている西荻が、今作も大胆にアレンジ、前作よりさらにぶっ飛んだ西荻ワールドが展開する。第2弾第1話の放送に先駆け、西荻のコメントが到着した。

西荻弓絵 コメント

お蔭様で第2弾!! 痛快な原作と素晴らしいキャスト陣に恵まれて、脚本も愉快に進めることができました。思えば、今シリーズ誕生のきっかけは、ひょっこり出会った漆器作家さんとの立ち話だったのですが、そこから多くの方々にご協力いただき、どんどん物語が膨らみました。特に今回は甲冑やオークションなど、長年の“ツレ”の皆々様の奮闘により、見応えたっぷりかと。まさに“ツレ文化”に感謝です!

あらすじ

歯に衣着せぬ毒舌アラ還名古屋マダム・中島ハルコ(61)が、舎弟? バディ? のグルメ誌編集者・菊池いづみ(39)、助さん格さんコンビと共に、世の悩みや不正をばったばったと斬り伏せていく。

今度の舞台は日本のへそ・岐阜。「美濃を制すれば天下を制す!」と織田信長が天下を目指したその岐阜で、今、1000年の歴史を誇る伝統文化が悲鳴を上げていた。

関市の刀匠が後継者不足に悩んでいたり、長良川の鵜匠の家では息子の婚約者が「鵜飼いが動物虐待だ」と騒ぎだしたり…ハルコのまわりに悩みを抱えた人間が集まってくる。「日本のへそが、今、私に助けを求めてるのよ!」

いっぽう、いづみはいづみで39歳がけっぷちの中、オンラインゲームで知り合ったイケメンアバター“兼光”に恋をした。まだ見ぬ愛しの“兼光”さまと刀匠宅でご対面するが、それはアメリカ人のイケメン青年だった。「まさか私のらんでぶーがこんな展開になるとは!」

さらに岐阜の町で暗躍する政財界のドン・海藤道三(佐野史郎)も登場。ハルコは岐阜を救えるのか。また、いづみのピュアな恋の行方は…。

番組情報

『最高のオバハン中島ハルコ』(全10回予定)
東海テレビ/フジテレビ系 全国ネット
2022年10月8日~12月10日(土)
毎週土曜 午後11時40分~深夜0時35分(予定)

第1弾配信情報

FOD、TVer、GYAO!で無料配信
第1話配信:2022年9月17日(土)~10月8日(土)午後11時39分