FANTASTICS木村慧人&M!LK山中柔太朗「考えが似ている」仲良しエピソードを披露『飴色パラドックス』4話先行上映イベント

ドラマ
2023年01月13日
『飴色パラドックス』山中柔太朗と木村慧人

現在放送中の『飴色パラドックス』(MBSほか)の4話先行上映イベントが行われ、W主演を務める木村慧人(FANTASTICS from EXILE TRIBE)と山中柔太朗(M!LK)が登壇した。

これまで3話が放送され、さまざまな胸キュンシーンがあった本作について、木村が「キスシーンは『この角度がいい』とか、カメラマンさんと一緒に話し合いながら作りました」と。山中も「途中から息も合ってきて、細かい相談はしましたね。慧人君だから言いやすかったです」と明かす。

また放送を見た感想も問われ、山中は「もっと恥ずかしいかと思ったのですが、物語が面白いので意外と見れました」といい、「どうでした?」と木村に問いかけ。木村は「どんどん面白くなっていくし、最初はどういう反応がくるのかなと、緊張していたのですが、回を増すごとに尾上(木村)と蕪木(山中)らしいと言ってくださる方が多かったので、ホッとしています」と反響について語った。

第2話のエンディングから撮影のオフショット写真が使用されており、イベントではそのエンディングでも使用されていない秘蔵写真3枚が公開。それぞれを撮り合っている1ショット写真がスクリーンに映し出されると、木村が「尾上と蕪木らしいよね」とポツリ。

オフショットを見てエピソードを語る2人

役を演じる上で見た目でこだわったことについては、木村が「僕個人的に、尾上のカバンの持ち方は結構意識していましたね。原作がもっとキャピキャピしていたり、表情が激しめな尾上なのですが、映像作品ということで、監督と話し合ってより自然に。監督から『天使でいて』と言われて、天使でいるって何だろうと思いながらかわいいが出てきたので、尾上らしいかわいらしさと、言うところは言うシーンもあるので、そこは楽しみに待っていてほしい」と笑顔でアピール。

山中も「衣装的にゆるい感じだったので、けだるく着こなしたりしましたし、表情もできるだけ(原作に)近づけられるようにしました」と蕪木を演じるにあたってのこだわりを明かした。

また、1月12日(木)に放送された第4話から登場する印南圭を演じる猪塚健太と3ショットも公開。一緒のシーンが多かったという木村は「撮影のときもたくさん話してくださいました。それに、アドリブで印南さんが話すシーンがあって、毎回いろんなワードで僕たちを笑わせてくださったりとか、場が明るくなったのですごくすてきな方です」と印象を。オフショットはフィルム3個を使い切ったと言い、猪塚との3ショットを見ながら、2人とも「この写真欲しいな」とつぶやいていた。

第4話の注目ポイントについては、木村が「冒頭で張り込みのシーンがあるんですけど、そこは注目してもらいたいポイント。(第3話終わりの)車のシーンがあってのシーンが表現されているんですが、尾上のかわいらしい一面があったので、蕪木のカッコよさを見てくださったらうれしい」と。山中も「尾上回だと思います。予告でもあったんですが、春田ゆいというアイドルの方がいて、その方と蕪木がちょっと絡むシーンがあるので、それを見ている尾上だったり、そのあたりを見てほしいなと思います」と見どころを語った。

週刊誌の記者の役を演じる作品にちなんで、個人的スクープを発表してくことに。木村は「FANTASTICSがラウンドワンさんとコラボさせていただいていて。エキサイターといって(ボウリングの)スコアによって、出てくるメンバーが変わるんですが、僕はダブルを出せないと出ないんです。番組でボウリング企画を何度かやらせていただいたんですけど、全然出なくて…。プライベートで行ったら、ダブルを出せました」と明かし、会場からは拍手が起こった。

一方、山中は「年始は実家に帰って、妹とカラオケへ行ったんです。そこでFANTASTICSさんのキャンペーンをしていて、QRコードを読み込んだら、メンバーの壁紙がもらえるんですが、(木村は)出なかったんです」といい、すかさず木村が「出なかったんかい!」とツッコむ姿も。「(中島)颯太君が2枚でました(笑)」という山中に、木村は「今度、一緒に行こう」と誘っていた。

終始仲良しな2人。気が合うところや共通点について、木村は「好きなものが一緒。2人ともサウナが好きで一緒に行ったり、好きな食べ物も似ていますね。誕生日過ぎてからお祝いすることができて、そこでキャスケットをプレゼントしたんですが、めちゃくちゃ似合ってましたね」と。

山中は「買い物に行ったんですけど、似たようなお店行っているだなと。それと、見ているポイントが一緒。撮影終わりにご飯へ行って、現場の振り返りをしているときに、『ここ、こうだったっすよね』と聞いたら、『俺も思っていた』ということがよくあって。なかなか見ているポイントまで一緒っていうのはなかなかないので、気が合うんだろうなと思います」と明かすと、木村も「考えが似ているよね」と同調していた。

作品に関する○×クイズでは、1問でも間違えるとかわいいシールを顔に貼るという罰ゲームがある中、3問のクイズに挑戦した2人。それぞれ悩む姿も見られたが、山中が全問正解、木村が1問正解という結果に。山中から顔や衣装にオシャレにシールを貼られた木村は「恥ずかしい」とはにかみ、山中は「かわいい」と出来上がりに満足げだった。

シールを貼られ「恥ずかしい」と照れる木村

最後に木村が「回を重ねるごとに尾上と蕪木の関係性だったり、周りとの関係性も変わっていくので、そこも楽しんでいただきたいですし、僕たちのケンカップル感もさらにエスカレートしていくので、ぜひたくさん見て、『このシーン好きだな』とか感想をTwitterなどにたくさんつぶやいて、トレンド入りさせていただけたらうれしいです」と。

山中は「このドラマがたくさんの人に届いているという声が届いていて、すごくうれしいです。何回も見てほしいドラマです。“かぶおの”と山中、木村慧人君を応援してくれたらうれしいです」とアピールし、締めくくった。

大きなハートを求められ笑顔で作る2人

番組情報

ドラマシャワー『飴色パラドックス』(全8話)
MBS:毎週木曜 深夜1時29分~
テレビ神奈川:毎週木曜 深夜1時~
群馬テレビ:毎週木曜 深夜0時30分~
とちテレ:毎週水曜 深夜1時~
テレ玉:毎週木曜 午後11時~
チバテレ:毎週木曜 午後11時~ ほか

<配信>
Huluで見放題独占配信
TVer、MBS動画イズム、GYAO!で見逃し配信1週間あり(全8話)

出演:木村慧人(FANTASTICS from EXILE TRIBE) 山中柔太朗(M!LK)
樫尾篤紀、宮澤佐江/猪塚健太/市川知宏、小柳友、大浦龍宇一

原作:夏目イサク『飴󠄀色パラドックス』(ディアプラス・コミックス/新書館 刊)
監督:古厩智之
脚本:波多野都
オープニング主題歌:BILLY LAURENT「Go Sign」(Solid Sky Entertainment / LDH Records)
エンディング主題歌:claquepot「finder」(cqpt)
制作プロダクション:ビデオプランニング
製作:「飴󠄀色パラドックス」製作委員会・MBS

公式サイト:https://www.mbs.jp/amepara
公式Twitter:@tunku_shower
公式 Instagram:@tunku_shower

©「飴󠄀色パラドックス」製作委員会・MBS