• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

笠原秀幸が『夏虹』以来9年ぶりに月9出演!『監察医 朝顔』第10話から登場

『監察医 朝顔』

『監察医 朝顔』(フジテレビ系)第10話(9月16日(月)放送)から、笠原秀幸が出演することが決定した。笠原は、『夏の恋は虹色に輝く』(2010年7月期)以来、9年ぶりの月9出演となる。

 笠原が演じるのは、建設会社に勤務し、今は工事の現場監督を務めている赤井啓介。もともと男気の塊のような赤井だが、妻が初めての出産を控え、生まれてくる子供に恥ずかしくない父親でありたい、という思いを強く抱くように。そのため仕事にも、ますます真面目に臨むようになり、監督として束ねる工事現場の荒い男たちからも抜群の信頼を集めている。第10話では反社会勢力が絡む事件が発生し、その事件に赤井が勤務する建設会社も関わりを持ち、赤井は事件の重要なキーマンとなっていく。

<笠原秀幸 コメント>
「“夏虹”からもう9年もたったのかと驚きました。毎週楽しみにしていたドラマに呼んでいただきまして、とてもうれしいです。突然訪れるさまざまな予期せぬ事に、その時人は何を感じて、誰を思い、どう立ち向かえるのか。家族や仲間の絆を感じ、そして信じて進む皆さんが重ねてこられた、『監察医 朝顔』の世界の中で、赤井啓介として真摯に思いをもって生きたいと思います。ぜひご覧ください」

『監察医 朝顔』
フジテレビ系
毎週(月)後9時~9時54分

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える