須田景凪が松下奈緒主演『アライブ がん専門医のカルテ』主題歌を書き下ろし | TV LIFE web

須田景凪が松下奈緒主演『アライブ がん専門医のカルテ』主題歌を書き下ろし

エンタメ総合
2019年12月17日
須田景凪

 2020年1月9日(木)スタートの松下奈緒主演ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)の主題歌が、須田景凪の新曲「はるどなり」に決定した。

 本作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。主演の松下が演じるのは“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医・恩田心。木村佳乃が心の支えになってくれる同僚で、有能な消化器外科医の梶山薫を演じる。

 主題歌を手掛けるのは、「シャルル」などの大ヒット作を生み出したボカロP“バルーン”ことシンガーソングライターの須田景凪。須田にとって初の実写作品での主題歌担当で、ドラマのために新たに書き下ろした楽曲となる。

https://www.youtube.com/watch?v=Pf9ZlZOXRcc

<須田景凪 コメント>
今回、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の主題歌を担当させていただきました。
自分の中にある命への価値観とリンクする描写が多々あり、ゆっくり丁寧に制作しました。
冷たくも温かい物語に添う楽曲になったと思います。
ドラマとともに楽しんでいただけたらうれしいです。
「はるどなり」よろしくお願いします。

<プロデューサー・太田大 コメント>
数年前にバルーン名義で活動されていた時の楽曲を聴き、痛みや悲しみを昇華させる力のある歌を書かれる、すごい才能の方だなと感じ、その後発表されてきた数々の楽曲も聴いてきて、いつかご一緒したいと思っていました。ご自身の初めての実写作品の主題歌を担当されるタイミングにご一緒できること光栄です。『はるどなり』は、今回のドラマのテーマである“生きる”ということを情感豊かに、かつ冷静に見つめた楽曲。辛くて立ち止まってしまうこともある毎日の中で、ほんの一筋の光は確実に差していて、それを頼りに前に進んでいく。深呼吸をして勇気を持って一歩を踏み出す後押しをしてくれるような曲です。須田さんが企画骨子を汲み取って書かれた胸を打つ歌詞と美しい旋律がドラマを包み込んでくださること、とても楽しみにしています。

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
2020年1月9日スタート
毎週(木)後10時~10時54分
初回15分拡大

<出演者>
松下奈緒 木村佳乃
清原翔 岡崎紗絵・中村俊介/三浦翔平・田辺誠一
藤井隆 木下ほうか 高畑淳子・北大路欣也

<スタッフ>
脚本:倉光泰子(『刑事ゆがみ』『ラヴソング』)
プロデュース:太田大(『シャーロック』『モンテ・クリスト伯』)、有賀聡(『初めて恋をした日に読む話』)
演出:髙野舞(『隣の家族は青く見える』『昼顔』)
音楽:眞鍋昭大(『モンテ・クリスト伯』)
主題歌:「はるどなり」須田景凪(unBORDE/Warner Music Japan)

©フジテレビ