Lil かんさい&Aぇ!groupの無観客生配信ライブに密着『RIDE ON TIME』10・30放送 | TV LIFE web

Lil かんさい&Aぇ!groupの無観客生配信ライブに密着『RIDE ON TIME』10・30放送

エンタメ総合
2020年10月30日

『RIDE ON TIME』

10月30日(金)放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)は、関西を拠点に活躍の幅を広げる関西ジャニーズJr.のユニット・Lil かんさい、Aぇ! groupを中心に特集する。

新型コロナウイルスの影響によりライブが軒並み中止となった今年。関西ジャニーズのアイドルたちも活躍の場を奪われた。しかし、今だからこそ届けられる事はないかと、無観客生配信ライブを行う一大プロジェクト「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」をスタートさせた。

その中には、関西ジャニーズを語る上で欠かせない場所、大阪・松竹座での生配信ライブもあった。松竹座は、自分たちを育ててくれたホームグラウンドのような大切な場所。長らく休演を余儀なくされた劇場とスタッフに恩返しをしたかった。

伝統の松竹座で、生配信ライブに挑むこととなったAぇ! groupとLil かんさい。Aぇ! groupは20代のメンバーが中心で、バンドと笑いを武器とする個性派6人組。一方のLil かんさいは、キラキラのアイドル路線を行く現役高校生5人組。彼らにとって“無観客”での生配信は初めての経験。

しかも今回は、歌やダンスだけでなく、ライブのほとんどがコントという構成。普段は観客のリアクションや笑い声の中で行うコントを、無観客の中で行わなければならない。 Jr.の育成、公演のプロデュースも手掛ける横山裕(関ジャニ∞)は「これは本当に厳しい戦いになるぞ」とメンバーに伝えた。

どうすれば画面の向こう側のファンに熱を届けることができるのか。リハーサルと同時進行でコントの構成を組み立てる横山は「テンポでいかないと結構キツイと思う、配信のコントって。できるだけ間をカットした方がいいんじゃない?」と、観客の笑い声がない場をイメージしながら演出をしていく。

この横山の存在が、Jr.たちに競争意識を芽生えさせていた。Aぇ! groupの最年少・佐野晶哉は「何が一番うれしいかって横山くんが笑ってくれた時が一番うれしいから、今回ちょっと悔しい」と、横山が他のJr.の芝居に思わず吹き出した時の気持ちを語る。

緊張のライブを終えたボーカル・末澤誠也(Aぇ! group)は「ステージに立つのが好きなんやなってあらためて思いましたね」と喜びをかみしめる。

次に生配信ライブを行ったのは、高校生グループ・Lilかんさい。リハーサルでは後輩たちをリードすることができず、ステージ全体が締まりのない状況になってしまう。大きなプレッシャーが、若い彼らの背中にのしかかっていた。後輩たちの間にも戸惑いが広がるが、やがて彼らは手探りで後輩たちをリードし、リラックスさせていく。座長としての自覚が徐々に芽生えつつあった。

センターの嶋﨑斗亜(Lilかんさい)は「そこまで責任感を持てていなかったんですよ、今まで。今回は僕たちが一番お兄ちゃんだし、小さい子たちも目立たせてあげんとアカン。僕たちもこれを乗り越えて、いいグループになっていけたらね」と語る。

お互い切磋琢磨し、時にはライバル意識を持ちながら上を目指していく関西ジャニーズJr.たち。彼らの知られざる素顔とエネルギーあふれるステージに迫る。

番組情報

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
フジテレビ(関東ローカル)
2020年10月30日(金)深1時05分~1時35分
※第1弾は、10月23日~4週に渡り放送中

テーマ:「真夏の決戦2020~関西から日本に光を!」

FODプレミアムで放送直後から独占配信(過去話も全て配信中)
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3547/

<出演者>
関ジャニ∞(横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義)
ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望)
なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)
Lil かんさい(嶋﨑斗亜、西村拓哉、大西風雅、岡﨑彪太郎、當間琉巧)
Aぇ! group(正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉)

<ナレーション>
風間俊介

<メインテーマ>
山下達郎『RIDE ON TIME (2018 NEW VOCAL VERSION)』

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

©フジテレビ