大石昌良が『よんチャンTV』OP&ED曲を書き下ろし「本当に光栄の極み」

エンタメ総合
2021年03月26日

『よんチャンTV』

3月29日(月)からMBSでスタートする午後の報道情報番組『よんチャンTV』(毎週(月)~(金)後3・40~7・00)の番組オープニング曲とエンディング曲をシンガーソングライターの大石昌良が担当することが決定した。

大石は、平成アニソン大賞の作詞賞を受賞した「ようこそジャパリパークへ 」(アニメ『 けものフレンズ 』)をはじめとする楽曲提供や、「オーイシマサヨシ」名義で「君じゃなきゃダメみたい」(アニメ『月刊少女野崎くん 』)など、自身の歌唱も含め、数多くの有名アニメの楽曲を手掛けているシンガーソングライター。

2002~2004年に『よんチャンTV』の出演でもあるロザンとMBSラジオ『Bサンデー』で共演しており、その縁もあって楽曲制作が依頼された。

大石が書き下ろしたオープニング曲は「嗚呼、素晴らしき日常」、エンディング曲は「ただいま」。OP曲「嗚呼、素晴らしき日常」は、大石の曲に一般募集した子供たちの声を入れて流される。

大石昌良 コメント

歴史のあるMBSさんの夕方の時間帯で始まる新番組、そして新たな関西の情報発信元になるであろう番組のオープニングとエンディングの音楽をということで、お声がけいただいて本当に光栄の極みでした。これも一重にMBSさんがつなげてくれた大切な大切なご縁だと思っております。
新たに始まるこの番組を通じてたくさんの誰かと誰かがつながっていくようなご縁となりますように、そんな願いを込めて音楽制作に臨みました。これから『よんチャンTV 』が届ける「素晴らしき日常」の一部になれることを本当に誇りに思っております! あらためまして、新番組スタートおめでとうございます!

番組チーフプロデューサー 向 功 コメント

大石くんにはかつて私が制作を担当していたラジオ番組にご出演していただいており、15年以上のお付き合いになります。その番組内では大石くんによるギター弾き語りの生歌コーナーがあり、毎週間近で彼の声を聞き、その歌声に魅了されていました。
今回、新番組のメインキャラクターを、子どもたちをはじめ幅広い年齢層から支持されている弊社PRマスコット“らいよんチャン”にすることから、近年アニメソングの世界でも多数の楽曲を制作し、多くの方に支持されている大石くんにお願いすることにしました。
番組のコンセプトや番組に込めた私の思いを全て大石くんにお伝えし、番組として伝えたいメッセージを大石くんの世界観に見事転換してくれました。曲を聞くだけで目の前に映像が浮かんできて、オープニング・エンディングともに、放送する時間帯にぴったりの楽曲になりました。とりわけオープニング曲は、大石くんとらいよんチャン、関西の子供たちとのコラボ作品になります。まさしく「みんなと一緒につくる生放送」というテーマを最初に具現化したものです。毎日このオープニング曲から番組が始まり、エンディング曲で番組を締めていけることを考えると、とてもワクワクしております。

『よんチャンTV』
MBS
2021年3月29日(月)スタート
毎週月曜~金曜 後3・40~7・00
※後5・50~6・15は『Nスタ』を放送