曽田陵介が「私が女優になる日_」課題動画に出演 彼氏役でメンバー10人とリモート演技

エンタメ総合
2021年06月30日

TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」の公式YouTubeチャンネルで公開中の課題演技動画に、相手役として曽田陵介が出演する。

このプロジェクトでは、幅広い世代に人気の俳優・タレントが所属する「田辺エージェンシー」と、数多くの番組、ドラマ、映画から、アイドルや楽曲などさまざまなエンターテインメントを手掛けてきた秋元康がタッグ。TBSからは、人気ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』『テセウスの船』『恋はつづくよどこまでも』ほか数々のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣が参画して、共に『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』のメンバーを選出し、デビューまでを全面的にサポートしていく。

毎週オリジナル脚本による演技課題が彼女たちに出され、自分で撮影する課題演技の動画と、スタジオで審査員の前で行う演技バトルで審査。審査員の投票ポイントの累積でランキングがつけられる。

7月3日、10日の2週に渡って使用するオリジナル脚本は、「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」といった多くの代表作を持ち、幅広い世代の女性から支持を得ている人気漫画家の青木琴美が担当。青木が書き下ろした胸キュンなオリジナル脚本と、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の一部分を演じ、この胸キュン脚本の相手役で犬飼貴丈と一ノ瀬颯が出演する。

プロジェクトの公式YouTubeチャンネルで公開中の課題演技動画の相手役で、曽田陵介が出演。曽田は大学時代に始めた動画投稿アプリ「TikTok」をきっかけに芸能界入りし、恋愛リアリティー番組への出演でも注目され、10代の女性を中心に絶大な人気を誇っている。

脚本を担当するのは、放送と同じく漫画家の青木琴美。「まだ髪が少し乾いていない、お風呂上がりの女の子に、急に彼からのビデオ電話がかかってきて…」という設定で、曽田がプロジェクトメンバー10人とリモート演技に挑戦する。10人それぞれに合わせた曽田の演技にも注目だ。

さらに番組をもっと楽しむために、7月3日(土)後3時からスペシャル番組『私が女優になる日_』が放送される。

『私が女優になる日_』は、地上波の放送、バーティカルシアターアプリsmash.の「収録ドキュメンタリー」のほか、ディレクターズカットの完全版を動画配信サービス「Paravi」で配信。また、地上波で放送しきれなかった演技バトルは公式YouTubeチャンネル「私が女優になる日_」で公開中。

『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』
TBSほか
2021年7月3日、10日(土)深1・08~1・38

番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/watajo_tbs/
番組公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9DMV0wVwcucTRgdz99GleQ

この記事の写真

©TBS