及川光博、サプライズ誕生日祝いに「これからもミッチー道を突き進んでいきたい」

エンタメ総合
2021年10月26日

及川光博と、YouTuberのパパラピーズが「スカパー!なつエモ天国TV」新CM発表会に登壇した。

スカパー!では、「スカパー!なつエモ天国TV」と題して、11月1日(月)~7日(日)までお茶の間や学校、職場でみんなが夢中になった歌番組・ドラマ・バラエティ・映画・アニメ・ヒーロー等が集結。懐かしくてエモい“なつエモ”な100以上の番組を大放出する。

新CMでは、先生に扮した及川が、生徒役のパパラピーズと共に、キャンペーンをダンスしながら説明していく。

CM撮影の裏話として、及川は「黒板アートや段ボールで作った小道具がエモかった。スタッフの愛と努力を感じました」と感謝。またパパラピーズと共演したダンスパートについて、及川が「当日、ダンスの振付のレクチャーだったんですけど、楽曲が前回の“スカパー!みんなのファン祭り”よりテンポが速くて難しくて…。案外いっぱいいっぱいだった」と明かすと、パパラピーズは「数回の練習で本番を迎えられていたので、プロのすごさを目の当たりにしました」と驚きを明かした。

イベントでは、先日10月24日に誕生日を迎えた及川に、サプライズでお祝いを。パパラピーズがケーキを運び込むと、「ありがとう~!」と感激。及川は「大人げないですけど、これからもミッチー道を突き進んでいきたいと思います」と抱負を語った。また「誕生日をきっかけに始めたいことは?」という質問には、「体調管理ですね。次の日に疲れを残したくない。健康になって、若者たちが驚くほど、バリバリと踊りたい」と明かした。

また、先生役の及川から、1970~90年代についてのクイズを生徒役だったパパラピーズに出題する企画も。「スカパー!調べで“学生時代の王道デートといえば”という質問で昭和世代・平成時代共に1位に輝いたものは何でしょう。A映画館、B遊園地、C相手/自分の家」という3択クイズに、タナカガがA、じんじんがCと回答。正解はAの映画館で、及川が80年代当時を振り返り、映画館で、席取り合戦があったこと、立ち見があったことを明かすと、パパラピーズの2人は驚いていた。

「スカパー!調べの調査で、昭和初期から平成初期のアニメで昭和世代が“見たい”と思うアニメの1位に輝いた作品は何でしょう。Aトムとジュリー、Bスラムダンク、Cガンダム」という3択クイズには、及川が「僕はガンダムですけどね!」と言いつつシンキングタイムに。正解がAのトムとジェリーと発表されると、及川が「主題歌歌えますよ!」と言い、ワンフレーズ歌唱して会場を盛り上げた。

視聴者からの質問に答えるコーナーでは、「今自分の人生に影響を与えるほどのエモい出逢いをした方は誰ですか?」と問われ、及川は「美輪明宏さん、忌野清志郎さん。僕の歴史を語る上で欠かせない。最初は緊張しましたよね。共演させていただいて、学ぶことが多かった」と明かした。

タナカガが「レディー・ガガさんに影響を受けたので、いつか会ってみたい」と語ると、及川が「会えるよ!」と背中を押す場面も。そんな及川も実際に憧れていた水谷豊と会えたというエピソードを披露した。

もうすぐハロウィーンということで「着てみたいコスプレは?」という質問に、及川は「平安時代の公家の格好がしてみたい。今までやったことがなくて」と提案すると、タナカガは「似合うと思います!」と絶賛していた。

「YouTubeのコラボをするなら?」という質問には、及川から「僕の楽曲は振付のあるものがあるので、2人に一緒に踊ってほしい」と提案。じんじんは「僕に関しては足を引っ張らないように頑張ります」とコラボの提案に笑顔を見せた。

最後に及川は「僕ら世代が大人の階段を上っているあの頃の思い出がいっぱいということ。皆さんときめいて、甘酸っぱさを再び体験してみてください。大人の階段を上り切っても、君はまだシンデレラさ!」とまとめ、ミッチー節をさく裂させた。

この記事の写真