桜木紫乃の直木賞受賞作「ホテルローヤル」の主演に波瑠 2020年冬公開 | TV LIFE web

桜木紫乃の直木賞受賞作「ホテルローヤル」の主演に波瑠 2020年冬公開

映画
2020年06月02日

 2020年冬公開の映画「ホテルローヤル」の主演に波瑠が決定した。

 本作は第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の小説短編集が原作。北国のラブホテルを舞台に、それぞれ問題を抱える宿泊客や経営者家族、従業員たちが織り成す物語。

 波瑠が演じるのは、北海道・釧路湿原を背にして建つ小さなラブホテル「ホテルローヤル」の経営者の一人娘・田中雅代。美大受験に失敗し、どことなく居心地の悪さを感じながら、家業であるホテルの仕事を手伝うことになっていく。

 原作者の桜木は「波瑠さんに、ホテルローヤルのひとり娘、雅代を演じていただいた。誰にも心を見せず開かず、無表情を貫き、黙々とラブホテルの掃除をする彼女の姿は、苦しくなるほどリアルでした」と、自身を投影した役でもある雅代を演じた波瑠を讃えた。

 一方、周りになじめない役柄もあって共演者と仲良くなるのを我慢しながら演じたという波瑠は、「雅代はどこかいつも傍観者というか、起こる状況の中心にはいない人で。それも自覚していてどこかコンプレックスだったりもして。いつも所在なさげで可哀想にも思えるけど、悲劇のヒロインにはなりきれないような曖昧さだったり、中途半端にも見えるところが彼女の人間味になればいいなと思って演じていました」と語っている。

「ホテルローヤル」
2020年冬、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
出演:波瑠
監督:武 正晴 脚本:清水友佳子
原作:桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊)
製作:「ホテルローヤル」製作委員会 
製作幹事:メ~テレ、ファントム・フィルム
配給・宣伝:ファントム・フィルム
公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

©桜木紫乃/集英社
©2020映画「ホテルローヤル」製作委員会