スケーターのリアルライフを描く「STAND STRONG」メインキャスト&ビジュアル解禁 | TV LIFE web

スケーターのリアルライフを描く「STAND STRONG」メインキャスト&ビジュアル解禁

映画
2020年06月06日

 スケートボードに人生を捧げるスケートボーダーのリアルライフを描いた映画「STAND STRONG」が、7月24日(金)より公開される。その発表に伴い、メインキャスト&メインビジュアルが解禁となった。

 世界最高峰のスケートコンテスト「STREET LEAGUE」の盛り上がりに加え、「2020年東京オリンピック」での正式種目決定により、日本でも急速に盛り上がりを見せるスケートボード。そんなスケートボードを舞台に描いた本作の主人公には、スケートシーンをはじめ、様々なシーンで活躍する4人のスケートボーダーが起用された。

 スケートシーンの一翼を担うスケートボーダーであり、2018年から「テラスハウス」に出演したことでスケーター・タレントとしての認知も高まる中田海斗。世界最高峰の大会「FISE WORLDSERIES HIROSHIMA 2019」スケートボードストリート部門で初優勝を果たした佐川涼。10代のクルーを牽引し、次世代をリードするバイリンガルスケーター松本崇。ルイヴィトンやTAKEO KIKUCHIのモデルとしても活躍するニューエイジ日高大作レイという、4人がメインキャストを務める。

 監督・脚本は、国内外のCMやミュージックビデオなどの演出を手掛ける菊池久志が担当。そして日本人として初めてアメリカのスケートカンパニーにフックアップされ世界デビューを果たしたプロスケートボーダー岡田晋が、原作・プロデュースを手掛けた。

 菊池は「今回、この作品が出来上がるまで多くの時間をスケーターと共に過ごしました。時には愉快で、自由で、世話もやけるが、勇ましく、何度、失敗しても挫けず、諦めない。そんな彼らと作りあげたこの作品は、きっと他の誰かにも届くと信じています」と期待を込めたコメント。

 岡田は「何度失敗をしても成功するまで立ち上がり挑戦を続ける。これは、そんな俺たちスケートボーダーの光と影を限りなくリアルに描いた物語。そして今この困難を乗り越えようと立ち上がった、あなたの物語」というメッセージを発している。

 本作の「STAND STRONG」というタイトルには、今の情勢に対し、どんな世界になっても、闇が襲っても、未来に向かって強く立つ!といった強いメッセージが含まれているとのこと。同時に公開されたメインビジュアルには、4人のスケーターのストーリーシーンとK役の中田海斗がトリックを決めるシーンが写し出され、ストリートカルチャーを作り出すスケートボーダーたちのリアルライフが写し出されている。 

<作品情報>
「STAND STRONG」
2020年7月24日(金)TOHOシネマズ池袋 ほか全国ロードショー

キャスト:中田海斗、佐川涼、松本崇、日高大作レイ、サイプレス上野

監督・脚本:菊池久志
原作・プロデュース:岡田晋

配給:ギグリーボックス
制作:エイトピクチャーズ

<あらすじ>
物語は、スケーターの溜まり場(タコス屋)から始まる。「俺たちでさ、スケートチーム作らね!」「名前つけてさ」「THRASHERってあんじゃん」「俺らは世界をぶっ壊す!CRASHERだ!」4人のたわいもない会話から、CRASHER(クラッシャー)というスケートチームが生まれる。各地のスケートスポットやイベントに繰り出すCRASHER。勢いある4人の活動はSNSを通じて、スケーターたちの間で徐々に広まっていった。
しかし、当たり前のように一緒だった彼らの歯車は、リョウとケイが憧れのスケートブランド「ELEMENT」から勧誘された事をきっかけに脆く崩れ始める。スポンサーがついた事に最初は一緒に喜んでいた2人だったが、周囲からの注目が集まっても純粋にスケートと向き合い徐々にチャンスを掴んでいくリョウに対して、ケイは夜の街へと繰り出すようになる。
父親からの暴力、SNSの炎上、仲間たちからも離れ、ケイは1人暗闇へと追い詰められて行く。まるで光と影のように別々の道へと進んでいくリョウとケイ。世界戦への切符を決める大会が開催される中、それぞれが抱える切なる思いが明らかになっていく──。

<WEB>
公式サイト:http://www.standstrong.jp/
Twitter:@standstrong_8
Instagram:@standstrong_movie

©2020 Team STAND STRONG