二階堂ふみが「アダムス・ファミリー」で日本語吹替に初挑戦!「自分の愛を詰め込みたい」 | TV LIFE web

二階堂ふみが「アダムス・ファミリー」で日本語吹替に初挑戦!「自分の愛を詰め込みたい」

映画
2020年07月20日

劇場版アニメ「アダムス・ファミリー」

9月25日(金)放送の劇場版アニメ「アダムス・ファミリー」で、二階堂ふみが日本語吹き替えに初挑戦することが分かった。

漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした「アダムス・ファミリー」。60年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、91年に第1作、93年に第2作と長編映画として実写化され、世界的大ヒットを記録。本作は初の劇場版アニメとなる。

日本語吹き替え版では、モーティシア役を杏、ゴメズ役を生瀬勝久、フェスターおじさん役をロバート秋山が演じる。さらに、本作のオリジナルキャラクター、マーゴ・ニードラー役をLiLiCo、マーゴの部下グレン役を井上翔太が務める。

自他ともに認める『アダムス・ファミリー』の大ファンである二階堂が演じるのは、ウェンズデー役。二階堂は本作が日本語吹き替え初挑戦となる。

  1. 1
  2. 2