ニコラス・ケイジ主演「カラー・アウト・オブ・スペース」園子温監督らコメント到着 | TV LIFE web

ニコラス・ケイジ主演「カラー・アウト・オブ・スペース」園子温監督らコメント到着

映画
2020年07月20日

7月31日(金)に全国公開の映画「カラー・アウト・オブ・スペース−遭遇−」より、ニコラス・ケイジの狂気溢れる新場面写真と、各界著名人からのコメント&イラストが到着した。

原作は、世界一センセーショナルな作家とも言われるH.P.ラヴクラフトの「ザ・カラー・アウト・オブ・スペース(宇宙からの色/異次元の色彩)」。ラヴクラフトの代表作とも言われる同作の“完璧な悪夢”を創り上げたのは、「ハードウェア」「D.N.A」のリチャード・スタンリーだ。

製作は「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」など、ジャンル映画界屈指の作品クオリティを誇るヒットメーカーであるSpectreVision。そこに主演のニコラスが加わり、今までのラヴクラフト映像化作品を凌駕するクオリティと熱狂度の作品となった。

この度、新場面写真が解禁。青いセーターで理知的な表情をたたえた、ちょっと過保護な良き父親ネイサン(ニコラス・ケイジ)が、宇宙からの“色”により、狂乱の目つきの異人となり果てる、衝撃のビフォアアフターが切り取られた。

色の影響を受けた家族たちも次々と、精神や身体に異常をきたしてしまう。そんなガードナー家のもとを訪れる、水文学者のワード(エリオット・ナイト)と奇妙な隣人エズラ(トミー・チョン)は、果たして敵か味方か。ネイサンが向ける銃口の先にあるものとは…?

さらに、そんな本作に魅せられたという、各界著名人からのコメントとイラストが到着。俳優で本作プロデューサーのイライジャ・ウッドとの交流もあるゲームクリエイターの小島秀夫、ニコラスとの新作が待機する園子温監督らのコメントが届いた。

小島は「強烈なライティング、森、樹、花、髪、昆虫、爬虫類、野菜、氷、建物やセット、アルパカに到るまで、いろんな色が緻密に配置されている。“色という恐怖”に洗い流され、あなたは真っシロに青ざめるだろう」と、見どころを語る。

園監督は「ニコラス・ケイジが素晴らしい。彼がアカデミー主演男優賞に輝く演技派であった事を再確認させられた。彼のせいで(おかげで?)この映画は想像を絶する気持ち悪いものになった」と、ニコラスを絶賛した。全文とそのほか著名人からのコメントは、次ページを参照。

また、クトゥルー神話についてのイラストブック出版の実績もあるイラストレーター・海野なまこより、ネイサンとアルパカをユニークに描きだしたイラストも寄せられている。「カラー・アウト・オブ・スペース−遭遇−」は、いよいよ7月31日(金)より全国公開。

  1. 1
  2. 2