『科捜研の女』榊マリコ&土門薫と共に捜査する木島修平のお薦めは胸アツな土門との相棒エピソード

映画
15時間前

テレビ朝日系超人気シリーズ『科捜研の女』。放送開始から20年超え、これまでに解決していた事件の数は250件を超える“科学捜査ミステリー”の最高峰が、ついに「科捜研の女 -劇場版-」として9月3日(金)に全国公開する。

主人公・榊マリコ(※榊の字は正しくは木へんに神)役の沢口靖子、マリコとバディを組む京都府警の土門薫刑事役・内藤剛志をはじめ、テレビシリーズのレギュラーキャスト10人が勢ぞろいで<世界同時多発不審死事件>に挑む。

現在、動画配信プラットフォーム「TELASA」では累計254話が一挙配信され、ファン投票キャンペーンの「あなたの推しエピソード総選挙!」が実施中。上位にランクインした作品は、テレビ朝日(関東ローカルのみ)でのリピート放送がされるという。そこでキャンペーン後半を楽しむため、歴代のレギュラーキャストのお薦めエピソードを紹介。最後は、元捜査一課所属、現在は警務部へ配属となった木島修平(崎本大海)。


<木島修平とは?>
木島修平は、土門刑事の4代目の相棒で、シーズン12の第6話より所轄署から京都府警本部捜査一課に配属。新人刑事でありながら土門刑事の右腕として科捜研メンバーと数々の事件解決に当たっていた。所轄署にいたころから尊敬していた土門刑事に、認められたいという思いが強く、空回りしてしまうこともしばしばあった木島刑事は、シーズン15の第1話で、捜査を進めていく中、重傷を負ってしまい、一命は取り留めたものの捜査一課を離れることに。警察職員が被疑者となっている事件の捜査などを担当する警務部へ異動となった。
劇場版では、土門刑事の強引な捜査から、元相棒を連行する立場となってしまう木島。その複雑な心境とともに垣間見える、土門刑事との懐かしくも熱い共演は見逃せないシーンになっている。

<木島修平のおすすめエピソードは?>
シーズン15 第1話
「マリコvs死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」

京都市内の川で遊んでいる子供が、出所不明の拳銃を発見。その出来事に続き、フリーマーケットで違法薬物の取引が行われるという情報が入り、捜査一課の土門刑事・木島刑事と共に現場へ向かう科捜研メンバー。違法薬物の犯人を逮捕している中、混乱に乗じて不審な行動を取る男を目撃したマリコは、所轄から京都府警本部に新たに配属になった刑事・落合佐妃子と共に、男の所持品から出所不明の拳銃を押収する。この事件を皮切りに次々に町で見つかる出所不明の拳銃。その出所を捜査していた木島がたどり着いた先は、いじめによって不登校になっていた男子高校生の自宅だった。何重にも謎が張り巡らされた難事件解決のため、真相に近づいていた木島刑事にある悲劇が起こる。土門刑事が木島刑事へかけた最後の言葉にバディの絆が感じられ、思わず心がアツくなる。

『科捜研の⼥ -劇場版-』公開記念 あなたの推しエピソード総選挙! キャンペーン
https://kasouken-movie.com/campaign/

『科捜研の女 -劇場版-』
2021年9月3日(金)より全国公開

(STAFF&CAST)
脚本:櫻井武晴 音楽:川井憲次 監督:兼﨑涼介
出演:沢口靖子、内藤剛志、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、斉藤暁、西田健、佐津川愛美、渡部秀、山本ひかる、石井一彰、渡辺いっけい、小野武彦、戸田菜穂、田中健、野村宏伸、山崎一、長田成哉、奥田恵梨華、崎本大海

(STORY)
京都、ロンドン、トロント…「助けて」と叫びながら高所から飛び降りたのは、全員が科学者だった。だが、犯罪につながる物的証拠はゼロ。各地で自殺として処理されようとしていたが、榊マリコ(沢口)をはじめとする科学捜査研究所のスペシャリストたちと捜査一課の土門刑事(内藤)、解剖医の風丘教授(若村)らは、半ば強引に捜査を進めていた。やがてマリコたちは、「未知の細菌」の発見で世界的に脚光を集める天才科学者・加賀野亘(佐々木)にたどりつく。だが、加賀野には鉄壁のアリバイが存在するのだった…。スクリーンに散りばめられた謎を解かなければ、死の連鎖は止められない!

公式HP:https://www.kasouken-movie.com

?2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会