芦田愛菜、“人生に迷った時は?”の問いに大人な回答「行動を起こした後は結果は決まっている」

映画
2021年07月29日

8月27日(金)に公開される映画「岬のマヨイガ」の完成披露試写会が行われ、芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇した。

本作は、『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説「霧のむこうのふしぎな町」など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した作家・柏葉幸子による同名小説を長編アニメーション映画化。居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子がたどり着いた、懐かしくて少し不思議な伝説の家・マヨイガ。血のつながりがない新しい家族たちとの、不思議だけど温かい共同生活を描くノスタルジック・ファンタジー。

主人公・ユイを演じた芦田は「この映画を見ていただいた方に、大きな幸せもすてきなんですけど、日常に転がっている何げない小さな幸せもすてきだなと思ってもらえるとうれしいです」とあいさつ。

不思議なおばあさん・キワを演じた大竹は、芦田について「仕事に対する姿勢もまだ分からないような小さい時に、メーク室でいろんな方と楽しそうにキャッキャしていた愛菜ちゃんがこんなに立派になってびっくりしました(笑)」とコメント。芦田は「覚えていてくださってうれしいです(笑)。大竹さんはバラエティでお見かけする時と、お芝居している時と全く雰囲気が違っていて、すごくすてきだなと思いますし、私もそんな女優さんになりたいですし、今度はお芝居の現場でご一緒できればと思います!」と笑顔で応えた。

注目してほしいポイントを問われた芦田は「私はご飯を食べるシーンがすごく印象的。最初にユイとひよりとキワさんがご飯を食べるシーンで、ユイがずっと『おいしい、おいしい』って言ってるんですね。ご飯ももちろんおいしいんだと思うんですけど、それ以上に誰かと一緒に会話しながら食べるご飯がおいしいってことなのかなって感じました」と食事シーンについて振り返った。

大竹は「本当に景色がどのカットも素晴らしくて、監督さんに聞いたら岩手でロケハンして描いたということも聞いて、私も岩手に行きたいなと思いました。あと《ふしぎっと》と呼ばれる河童とかいろんなキャラクターが出てくるんですけど、私はそこのシーンが大好きで、目には見えないけどいるって信じられるシーンになっているので、ぜひ楽しんでください」と注目のシーンを紹介した。

川面監督は「細かいところでいくと、粟野さん演じるひよりの最後のシーンのある芝居すごく気に入っていて、そのおかげで映画が最後締まったと個人的に思っています。狙っていたことではあるんですけど、それ以上に良い芝居をいただいて。細かい芝居なんですけど、そこも楽しんでいただければと思います」と粟野の演技を絶賛した。

そんな粟野は「《ふしぎっと》が本当にかわいくて一人一人個性的で面白いのでそこを見ていただきたいのと、見ていたらおなかがすいてくるようなご飯がいっぱい出てくるので、そこもぜひ注目していただきたいです」と話した。

映画で登場人物たちが人生に迷って伝説の家・マヨイガにたどり着き、答えを見つけていくことにちなんで、“人生で迷った時にどのように答えを見つけてきたか”という質問が。「人生で大きく悩んだことがまだないので小さなことになってしまうんですが」と切り出した芦田は「まずは分からないなりに考えて、一番自分が納得して行動できる考えを見つけますね。行動を起こした後は、結果はもう決まっているんだから、なるようにしかならないと思うようにしています。自分に人生の最終決定権があると思うとうまくいかなかった時に自分を責めたり後悔したりすることがあると思うので、結果は決まっていて、自分はそこに行くための方法を選んだだけなんだって思えれば納得できるかなって思ったりします」と大人な回答を披露した。

それを聞いた大竹は「愛菜ちゃんよりずーっと生きていますけど」と笑顔を見せながら「あまり迷うことなく、わりと直感型でいろんなことを決めてきて、もしつらいこととか、間違えちゃったかなとか思うことが起こっても、座右の銘が“まぁ、いいか”なので(笑)。わりと気楽に生きてここまできちゃいました(笑)」とチャーミングな回答で会場を笑わせた。

会場では、サンドウィッチマンの2人が声優として本作に参加していることも発表。豊沢川の河童役の伊達みきお、北上川の河童役の富澤たけしからビデオメッセージが届いた。

2人からのコメント聞いた芦田は「私のアフレコよりも先に録られていたので、お2人の声を聞きながらアフレコをしたんですけど、すごくお2人の河童がかわいくて、アドリブも面白くて(笑)。せりふを忘れちゃいそうになりましたというお話をさせていただきました」と笑いながらコメントした。

最後に芦田は「最初は少し殻に閉じこもっているユイなんですけど、ひよりやキワさんと出会ってユイが少しずつ前向きに生きていく姿に共感していただけたらうれしいです。また題名の《マヨイガ》は岩手県の伝承で訪れた人をもてなしてくれる家なんですけど、そんなマヨイガが映画を通して皆さんにささやかな幸せを運んでくれたらいいなと思っております」と語った。

イベント概要

「岬のマヨイガ」完成披露試写会
2021年7月27日(火)イイノホール
登壇者:芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督

作品情報

「岬のマヨイガ」
2021年8月27日(金)公開

公式サイト:https://misakinomayoiga.com/
公式Twitter:https://twitter.com/misakinomayoiga

この記事の写真