神尾楓珠×山田杏奈「彼女が好きなものは」互いを見つめ合うメインビジュアル&予告解禁

映画
2021年09月16日
©2021「彼女が好きなものは」製作委員会

12月3日(金)公開の映画「彼女が好きなものは」より、本予告とメインビジュアルが解禁された。

小説家・浅原ナオトの「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)が原作。ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生とBL好きの女子同級生との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描く。Web小説サイト「カクヨム」で話題となり、2018年2月に書籍化、2019年4月には、NHKで『腐女子、うっかりゲイに告る。』のタイトルでドラマ化もされた。

主人公の安藤純を演じるのは神尾楓珠。「異性を愛したい」「家庭を築きたい」と世間で“ふつう”と言われる幸せを手にしたいと願いながらも、自分らしさとの狭間で葛藤する純を繊細に演じる。純に恋をする女子高校生の三浦紗枝役には山田杏奈。自分の好きなものを素直に好きだと言えない悩みを抱えながら、純と共に成長していく姿を瑞々しく好演している。

さらに、純の幼なじみの高岡亮平役は前田旺志郎、クラスのリーダー的存在の小野雄介役は三浦獠太、紗枝の親友の今宮くるみ役は池田朱那。そして、純の恋人の佐々木誠役を今井翼が演じ、自分の性的指向やアイデンティティに悩む純にかつての自分を重ねるように、優しく寄り添う。

また、純のSNSでのみつながっている友人・Mr.ファーレンハイト役に磯村勇斗、紗枝のBL好き仲間で腐女子の先輩・佐倉奈緒役に三浦透子、奈緒の彼氏の近藤隼人役に渡辺大知、純を女手一つで育てる母親・安藤みづき役に山口紗弥加と、個性豊かな実力派キャストが集結した。

ティザービジュアルでは、純と紗枝の目線が交わらず、自分を隠して生きる純を象徴するように、ピントが当たらずぼやけている姿が印象的だった。解禁されたメインビジュアルでは、純と紗枝がしっかりとお互いを見つめ合う凛とした表情が写し出されている。

予告編には、ゲイであることを隠し続けてきた純と、純がゲイと知らずに告白した腐女子の紗枝という交わるはずのなかった2人が出会い、お互いの悩みや内面を知り、受け入れ、傷つき、支え合う姿が描かれている。純と紗枝は「私」と「あなた」として、個と個の人間同士の誠実な関係を築き始めていく。

さらに、本作が第26回釜山国際映画祭の「Open Cinema」部門に正式出品されることが決定した。「Open Cinema」部門は、商業性と芸術性とが理想的にミックスされた新作や、国際的評価の高い作品を集め、メイン会場である「映画の殿堂」の野外スクリーンで上映、例年5000人規模の観客を集める人気部門。これまで同部門には、中野量太監督「浅田家!」(20)、月川翔監督「君の膵臓をたべたい」(17)、庵野秀明総監督「シン・ゴジラ」(16)などの日本映画が出品されている。

映画「彼女好きものは」予告編

作品情報

「彼女が好きなものは」
2021年12月3日(金)公開

監督・脚本:草野翔吾

原作:浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)

出演:神尾楓珠、山田杏奈、前田旺志郎、三浦獠太、渡辺大知、三浦透子、磯村勇斗、山口紗弥加/今井翼

©2021「彼女が好きなものは」製作委員会

公式サイト:https://kanosuki.jp

この記事の写真