松本まりか×内田英治監督で80年代の映画制作現場を描く「雨に叫べば」12・16配信決定&ビジュアル解禁【コメントあり】

映画
2021年10月12日
©2021 東映・東映ビデオ

松本まりか主演映画「雨に叫べば」が、Amazon Prime Videoで12月16日(木)より配信されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルとキャスト、スタッフ情報が解禁された。

本作は『全裸監督』など数々の話題作を世に送り出し、「ミッドナイトスワン」で日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、各映画賞レースを席巻した内田英治監督の最新作。

主演を務めるのは松本まりか。理想の映画を撮影するために、現場スタッフにもまれながらさまざまな困難にぶつかっていく新人監督を熱演。内田監督が脚本も担当し、80年代後半の「実際にあったであろう」映画製作の舞台裏の人間模様を、時にはリアリティをもって、時にはデフォルメした味付けで再現する。

松本演じる主人公・花子以外のキャストも個性派ぞろい。アメリカ帰りのキザなプロデューサー井上役に内田映画常連の渋川清彦、常に現場に翻弄される制作プロデューサー橘役に高橋和也、特機部で花子を温かく見守る金子役に濱田岳、芝居や映画に興味のないアイドル俳優・新二役に須賀健太、その新二にライバル心むき出しの若手俳優・和人役に矢本悠馬。

そしてベテラン女優・楓役に大山真絵子、花子と同様、女性差別がある中、現場で奮闘するカメラ助手・よしえ役にモトーラ世理奈。このほか本田博太郎、大和田伸也、菅原大吉、相島一之らベテラン俳優たちがスタッフに扮し、後半に進むに連れて勢いを増す“カオスなドラマ”を彩っていく。

解禁されたポスタービジュアルでは、撮影機材が並ぶ映画の撮影現場で、松本が演じる映画監督・花子がにらみをきかせ、メガホンを握りしめ、ディレクターズチェアで足を組む姿が。そのふてぶてしい眼光は、俳優陣に向けられたものなのか、それとも我々観客に向けられたものなのか。何やらただならぬ雰囲気が漂うビジュアルに仕上がっている。

松本まりか コメント

私の役はかつての内田監督自身だそうで。それはそれはとても面白い役でした。
とにかくイジメられる。こてんぱんにイジメられる。新人で、女監督で、演出が意味不明で、ファッションが気に食わないからと、いじめられていじめられて。映画作りに関わる全ての者たちのプライドがぶつかり合うこの昭和の撮影現場には男尊女卑、年功序列、コンプラ的にギリギリの怒号も飛び交います。監督の手にかかったこの昭和の現場は面白いほど再現され、たちまち活力、生命力、そして笑いに溢れた世界になるのです。舞台裏でどういう風に映画を撮っているのか、映画スタッフたちはどんな会話をして、どんないでたちなのか、撮影現場の裏側を見られるワクワク感で、ついつい前のめりになって見てしまうと思います。特筆すべきはキャスト陣のお芝居です。正直、たまらないです。すぐにその意味が分かると思います。
2021年は初主演を内田組、そして今作と、2作連続で内田監督作品が続いていることに素敵な縁を感じずにはいられません。

内田英治監督 コメント

また作品作りが出来ました。そして題材は「昭和」の映画撮影所。熱烈的であり、一方で多くの問題をはらんでた昭和時代。夢と笑いと怒りと悲しみが同居していた、80年代の撮影現場。夢の場所を駆け抜けた映画人たちを、松本さんはじめ、多くの素晴らしいキャストが演じてくれました。ぜひ見ていただきたいです。

作品情報

「雨に叫べば」
Amazon Prime Video
2021年12月16日(木)配信開始

<キャスト>
松本まりか
大山真絵子、モトーラ世理奈、渋川清彦
矢柴俊博、内田慈、石川瑠華、佐々木みゆ、ふせえり、森下能幸
菅原大吉、須賀健太/濱田岳/矢本悠馬、相島一之
本田博太郎、大和田伸也、高橋和也

<スタッフ>
監督・脚本:内田英治
音楽:小林洋平
製作:東映 東映ビデオ
制作プロダクション:東映東京撮影所

公式サイト:https://www.toei-video.co.jp/ameni/

©2021 東映・東映ビデオ

この記事の写真