有村架純、志尊淳出演「人と仕事」全国拡大公開決定 未公開シーンを含む限定版も配信

映画
2021年10月29日
©2021『人と仕事』製作委員会

公開中のドキュメンタリー映画「人と仕事」の全国拡⼤公開が決定し、10月29日(⾦)より追加上映館で上映を開始する。

本作は、コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人たちの現状をレポートするドキュメンタリー。有村架純と志尊淳がそのままの“自分”として、さまざまな職業に従事している人たちの元に赴き、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、感じたこと、考えたことをレポートする。「新聞記者」(19)、「パンケーキを毒見する」(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画し、「さんかく窓の外側は夜」(21)の森ガキ侑大が監督を務める。

予定していた3週間限定公開が間もなく上映終了を迎える本作。だが、レビューサイトやTwitterなどで本作を見ての感想投稿が拡⼤中。加えて近隣の劇場で上映がないため、なかなか見に⾏けないという声も受けて全国拡⼤公開が決定した。

あわせて、本作の公開を記念して制作され、auスマートパスプレミアム/TELASA会員向けに配信されていた『スペシャル予告編』『監督・プロデューサーインタビュー編』『有村架純、志尊淳インタビュー編』のスペシャルミニ番組3本が、10月29日(金)より無料公開。ドキュメンタリー映画への出演は本作が初めてとなる有村と志尊の体験やインタビューを通して、彼らが感じた⽣の声を堪能できる特番の⾒どころを集めたスペシャルダイジェスト映像となっている。

また同日より、auスマートパスプレミアムと動画配信プラットフォーム・TELASAでは、配信限定版として未公開シーンを盛り込んだ『⼈と仕事~How We Work, How We Live~』を独占配信。有村と志尊の未公開の農業体験シーンや対談シーンを盛り込んだ配信限定版となっており、劇場版とはまた違ったシーンを堪能できるバージョンで配信する。

配信にあたり、森ガキ監督は「今回の映画はコロナ禍で、有村さん、志尊さんともがきながら丁寧に紡いでいった作品になります。今の時代でしか写しだすことができない出来事がたくさん詰まっております。この映画がたくさんの⼈の⼼に響きながら残り続けることを願っていたので配信が決まりまして、感無量でした。多くの⽅の⼼にずっとあり続けてほしいです」とコメントしている。

映画「人と仕事」特番 スペシャルダイジェスト映像

作品情報

「人と仕事」
公開中

出演:有村架純、志尊淳

監督:森ガキ侑大
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:『人と仕事』製作委員会

公式サイト:hitotoshigoto.com

©2021『人と仕事』製作委員会

この記事の写真