二宮和也主演映画「TANG タング」新ビジュアル解禁

映画
2021年12月20日
©2022映画「TANG」製作委員会

2022年8月に公開される二宮和也主演映画「TANG タング」より、新ビジュアルが解禁された。

原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。ゲームざんまいで妻に捨てられたダメ男・春日井健(二宮)の前に、記憶をなくした迷子のロボットが現れる。自分の事を“タング”と名乗るロボットは、どこからきて、何のためにやってきたか分からない。この“迷子同士”の運命の出会いは、まさかの驚きに満ちた壮大な冒険の幕開けだった。

主演の二宮は「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる本作で、初めて“ロボット”と共演。監督は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2016)、「フォルトゥナの瞳」(2019)の三木孝浩が務める。

今回、クリスマスを前に「Happy Holidays」のグリーティングカードが完成。第1弾チラシにも使用された健×タングの2ショット特別ビジュアルと合わせて解禁された。

レコードプレイヤーやクマのぬいぐるみ、キーボードや時計など、一見するとガラクタのようなこれらは、健とタングの“宝物”。全く息の合わない、ポンコツだけど最強? な、このコンビが大冒険の中でどんな“新しい宝物”を見つけるのかと、期待が高まるビジュアルとなっている。

そして、そのかわいさがSNSでも話題となっているタングが、今回解禁されたグリーティングカードでは、サンタクロースの三角帽子に「T(=タング)」と「K(=健)」のイニシャル入りの赤いマフラーを着用。キュルキュルうるうるしたその瞳に、少し首をかしげる上目遣いのタングの姿は、さらにタングファンが増えること間違いなしだ。

©2022映画「TANG」製作委員会

このグリーティングカードは、映画「TANG タング」公式サイトで12月20日(月)より無料配布されている。

作品情報

「TANG タング」
2022年8月公開

(CAST)
二宮和也

(STAFF)
原作『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作/松原葉子 訳/小学館文庫)
監督:三木孝浩
脚本:金子ありさ
配給:ワーナー・ブラザース映画

映画公式サイト:tang-movie.jp

この記事の写真

Based on “A ROBOT IN THE GARDEN” by Deborah Install Copyright © 2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency, Inc. ,Tokyo

©2022映画「TANG」製作委員会