『CDTVライブ!ライブ!』4時間SP第2弾出演者発表 スピッツ、斉藤和義、[Alexandros]ら12組

音楽
2021年03月26日

『CDTVライブ!ライブ!』

3月29日(月)に放送される『CDTVライブ!ライブ!』4時間スペシャル(TBS系 後7・00~10・57)の第2弾出演アーティストと春のスペシャル企画が発表された。

今年デビュー30周年を迎えたスピッツは、『NEWS23』のエンディングテーマとして書き下ろした「紫の夜を越えて」をフルサイズテレビ初披露。この楽曲は報道番組のテーマソングを初めて手掛けるにあたり、過去のニュース映像を見ながら制作された楽曲となる。

また、デビュー30周年を記念し“スピッツ名曲特集”として『CDTV』が誇るスピッツの名場面を映像とともに振り返る。

斉藤和義は、新アルバム「55 STONES」のリード・トラックで、漫画家・浦沢直樹が手掛けたアニメーションで構成されたMVも話題となっている「Boy」をフルサイズテレビ初披露。

昨年デビュー10周年を迎え、初のベストアルバムを発表した[Alexandros]は、「ワタリドリ」「風になって」他をスペシャルメドレーで披露する。

秋山黄色は「映画 えんとつ町のプペル」の劇中挿入歌で、誰かを応援する力の一部になれるようにという想いが込められた「夢の礫」を「映画 えんとつ町のプペル」のスペシャル映像とともにフルサイズテレビ初歌唱する。

神はサイコロを振らないは、アニメに向けて書き下ろした楽曲で、ヴォーカルの柳田周作が自身の青春時代の想いも込めたという「未来永劫」をフルサイズテレビ初披露。

GENERATIONS from EXILE TRIBEは、つらく苦しい思いをしている人の背中をそっと優しく押すような楽曲「雨のち晴れ」をフルサイズ地上波初披露。

春スペシャルならではの企画では、日本を代表する“桜ソング”を、絶景の桜スポットから中継。森山直太朗は「さくら(二〇二〇合唱)」、河口恭吾は「桜」、川嶋あいは「旅立ちの日に…」、乃木坂46・4期生は「サヨナラの意味」を歌唱する。

さらに、“春の季節にぴったりのキュンキュンメドレー!”と題し、TikTokから人気に火がついたネット発アーティスト・ひらめが「ポケットからきゅんです!」、日向坂46が「キュン」を披露する。

そして、AKB48が『CDTV』28年分のオリジナルランキングから、「春ソングTOP50」にランクインしている楽曲をスペシャルメドレーで披露する。

タイムテーブルは、3月29日(月)正午に番組公式サイトで公開される。

『CDTVライブ!ライブ!』4時間スペシャル
TBS系
2021年3月29日(月)後7・00~10・57

<出演アーティスト・歌唱曲 ※アーティスト50音順>
秋山黄色「夢の礫」
adieu(上白石萌歌)「よるのあと」
[Alexandros]「ワタリドリ」「風になって」含むSPメドレー
AKB48「春ソングSPメドレー」
Awesome City Club「勿忘」
大森元貴「French」
神はサイコロを振らない「未来永劫」
河口恭吾「桜」
川嶋あい「旅立ちの日に…」
斉藤和義「Boy」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」
スピッツ「紫の夜を越えて」
DA PUMP「Dream on the street」
手嶌葵「ただいま」
NiziU「Take a picture」
乃木坂46・4期生「Out of the blue」「サヨナラの意味」
日向坂46「キュン」
ひらめ「ポケットからきゅんです!」
森山直太朗「さくら(二〇二〇合唱)」
Little Glee Monster「青春フォトグラフ」「春よ、来い」

<サブMC>
EXIT

<進行>
えとちゃん(江藤愛TBSアナウンサー)