Awesome City Clubが「これからの道標」と語るキリンジの楽曲を披露『MUSIC BLOOD』

音楽
2021年08月13日

8月13日(金)放送の『smash. presents MUSIC BLOOD』(日本テレビ系 後11・50~深0・20)に、Awesome City Clubが登場する。

Awesome City Clubは、atagi(ボーカル、ギター)、PORIN(ボーカル、シンセサイザー)、モリシー(ギター、シンセサイザー、ボーカル)の3人からなるバンド。菅田将暉、有村架純の主演映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソングとして注目を集めたのがAwesome City Clubが歌う「勿忘(わすれな)」。わずか3か月足らずでストリーミング再生回数1億回を突破するなど、今若い世代を中心に人気を集めている。

今回は田中圭が休みのため、千葉雄大が1人で進行。話題は、映画「花束みたいな恋をした」でヒットしている曲「勿忘」について。PORINは「TikTokなどを使って、みんなで楽しんでいただけているのは新鮮ですし、すごくうれしい」と語った。

すると、いきなり“「勿忘」のサビを聞くことって可能でしょうか?”というカンペからの指示が。困惑しながらも千葉が「今ここで歌ってもらっていただけますか…?」と恐る恐る聞くと、Awesome City Clubは「いいですよ」と快諾し、「勿忘」を披露する。

そのあまりの美しさに千葉は大感動。そして今度はなぜか千葉が生歌にチャレンジ。歌声を聞いたPORINは「歌愛にあふれてる!(生で聴けたことを)実家の母に自慢します」と千葉の歌声を褒めまくる。

そして、トークはAwesome City Clubの「BLOOD SONG」についてへ。挙がったのはキリンジの楽曲。「僕らにとっては、こんなアーティストになりたいと思わせる全ての要素が詰まっているのがキリンジさんで、その中でもこの楽曲は、Awesome City Clubにとってこれからの道標となるような楽曲です」「テレビで披露する日が来るなんて、今日は特別な思いを込めて歌わせていただきます」と、atagiは並々ならぬキリンジ愛をのぞかせる。

『smash. presents MUSIC BLOOD』
日本テレビ系
2021年8月13日(金)後11・50~深0・20

この記事の写真