深川麻衣が思う“理想の母親像”は…? 遠征時のこだわりも紹介! 映画「僕と彼女とラリーと」にシングルマザー役で出演

特集・インタビュー
2021年10月02日

10月1日(金)に全国公開された、自動車レースのラリーをモチーフに、家族、夢、恋愛など多彩なテーマを盛り込んだ映画「僕と彼女とラリーと」で、シングルマザーの上地美帆を演じている深川麻衣さん。自身とかけ離れた難役への挑戦過程や撮影エピソード、さらには出身地・静岡への深い“地元愛”を語ってくれました。

 

◆映画の撮影に入る前は、どのような準備をされたんですか?

それまで私はラリーというものにあまりなじみがなかったので、まずラリーについて調べました。撮影前に名古屋で試乗もさせてもらったんです。実際に大会に出場しているプロのドライバーさんの助手席に乗って、ラリー車の速さを体感したんですが、ホントにこれまでの人生で経験したことのない速さで! 150キロぐらいのスピードですごくGもかかって、「キャー!!」って叫ぶことしかできませんでした(笑)。

◆ジェットコースターに乗っているような感じ?

似ていますが高低差がない分、感じ方は少し違いました。私、ジェットコースターが苦手なので…。速い分には大丈夫なんですけど、そこに高さが加わるともうダメで(笑)。

◆ご自身で車の運転はされるんですか?

免許は持っているんですが、自分の車を持っているわけではないですし、特に東京で運転する機会はないですね。今作の撮影で運転するシーンは牽引してもらっていたんですが、車がマニュアルだったんですよね…。私の免許はオートマチック限定なので、シフトレバーの操作をはじめ、何から何まで初めてで。いろいろと教えていただきながら撮影しました。

◆深川さんが演じられている美帆は、シングルマザーという役柄です。

もちろん私は実際に子供を産んだことはないですが、美帆の子供である敢太と接する機会が多いので、どういうふうにコミュニケーションを取ろうか、想像しながら撮影に臨みました。

◆撮影を通して、子供を持つお母さんの気持ちが分かったりしました?

敢太役のいっちゃん(佐藤一和)はホントに子供らしい男の子。常ににぎやかで、ずっと“現場の天使”として場を明るくしてくれていました。でも、眠くなると突然ストンと寝ちゃったり(笑)。現場には、お母さんも一緒に来られていたんですが、“お母さんって、すごいなぁ”と思いながら見ていましたね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4