7ORDERが語る初の全国ツアーで得た気づきと新たな強み「マップに書かれてないことがたくさんあると認識できた」

特集・インタビュー
2021年10月01日

7ORDERインタビュー

7ORDERが8月21日(土)にZepp Hanedaで開催した初の全国ツアー『7ORDER 武者修行 TOUR~NICE “TWO” MEET YOU~』の東京公演が、10月19日(火)にBSスカパー!で独占放送される。

7ORDERは、安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人による2019年5月に結成されたグループ。2021年1月13日、1stアルバム『ONE』、LIVE DVD/Blu-ray『UNORDER』でメジャーデビュー。デビュー日の日本武道館2daysを皮切りに行われた1stワンマンツアー「WE ARE ONE」全8公演を成功させた。7月7日にはメジャー1stシングル「雨が始まりの合図 / SUMMER様様」をリリース。この新曲を引っ提げ、全国7都市を回ったツアー『7ORDER 武者修行 TOUR NICE“TWO” MEET YOU~』を成功させた7ORDER。彼らに今回のツアーを振り返ってもらい、ライブのパフォーマンスのことや裏話などをたっぷり聞きました。(※阿部顕嵐と真田佑馬は欠席)

◆武者修行TOURはいかがでしたか?

森田美勇人:とにかく無事にやり切れたことに一番ホッとしています。みんなでいろいろと話し合いながら、振り付けや楽曲のアレンジを変えて、色々な挑戦をやり切れたことがうれしかったです。

長妻怜央:初めての全国ツアーだったんですけど、日本は広いなっていうのを感じましたね。

長妻以外:(笑)

長妻:7都市しかやってないんだなと思ったら先は長いなと。もっといろんなところにいけるように頑張りたいなと思ったツアーでした。

安井謙太郎:今年の1月にアルバム「ONE」を出させていただいて、デビュー公演も武道館でやらせていただいて。そのあとリリースしたシングル「雨が始まりの合図 / SUMMER様様」以外は既存の曲ばかりなので、前回とどう違ったライブを作るかっていうところからスタートしました。いろんなスタッフさんの力を借りながら、今回のツアーで僕個人としても開けたことない引き出しを開けられたなって。得たものがすごくありましたね。いろんな場所に行って何公演もやるのは人生で初めてだったので、いい意味でこんなにも違う公演になるんだなと思ったし、ツアーってこんなに楽しいんだなって思えたツアーになりました。

諸星翔希:どこの会場もスタッフの皆さんが本当に快く迎えてくれて、一つ一つの気遣いがめちゃくちゃうれしかったです。あと、今回のツアーで今までにないくらいスタッフさんと仲良くなれましたね。今後につなげていけるような発見もできたので、次のツアーもいいものが出来るんじゃないかなと思います。

萩谷:パフォーマンス面はみんなが言ってくれたので、それを踏まえて…。夏にツアーをやるのは初めてだったので、本当に大事だなって思ったのは水分を摂取すること。

萩谷以外:(笑)

萩谷:ふざけて聞こえるかもしれないけど、公演数も多かったので体のケアにも目を向けるようになりました。公演が終わった後にみんなでアイシングをするためにちっちゃい水風呂のプールに入ってたんですけど、そういうのも取り入れてみたり。果たして寒い冬のツアーの時でもアイシングができるのかっていうのはありますけど…(笑)。そういうケア面でもいろいろと気にするようになったツアーでした。

◆公演を重ねるにつれて何か変化はありましたか?

森田:今まで全員で音を合わせて自由にセッションする経験がなかったので、音とダンスや楽器とダンスのセッションが楽しいな、というのはやりながら感じていくようになりました。それが日によって違ったアプローチになったりして。最初はすごく緊張したんですけど、それがだんだん楽しいに変わっていったのはうれしかったですね。

長妻:長期のツアーというものを初めて経験したんですが、最初うまくいってたものが途中でできなくなったんです。何がいけないのか考えたり、自分と向き合う時間もありましたが、自分と向き合いすぎると周りと合わなくなって…。どうしたらいいんだろう? と悩むこともありました。でも、そういう時メンバーの顔を見て、普通にしゃべってコミュニケーションをとると自分の心も軽くなるし、音も合うなってことをあらためて実感しました。公演によってムラができてしまったのは申し訳ないですが、次につなげられるんじゃないかなと自信にもなったのですごく勉強になったツアーでした。

安井:僕が一番変わったなと思ったのはコミュニケーション量の多さ。メンバー間もそうだし、お客さんに対してもそう。初日にはチャレンジが多いライブだからこそ、自分がクリアしなきゃいけないことで頭がいっぱいでした。でも「メンバーの今日の音はどうなんだろう?」ってメンバーの顔を見るようになって。今なかなか声が出せなかったりするけど、お客さんとの一体感というか「どれが一番伝わるんだろう?」ってお客さん目線に立って考えたり、いろいろトライしました。

諸星:最初の方はアンコールのセットリストが決まってたんですけど、途中からちょっと違うパターンもあるんじゃないかって話が出て。アンコールは昼夜で違うことやろうとか、そういう変化をすることでお客さんのいろんな反応を見られたのもすごく良かったです。あと、メンバーのことを見てると歌い方も感じ方も佇まいも初日と全然違って、変化してるな~って思って。で、「何でメンバーのことステージで見てるんだろ? 俺も変化してる、すげぇ!」って気づいたり(笑)。みんな少しずつ成長できたのかなって思います。

萩谷:今までのライブはオープニングの映像をつけていたことが多かったので、今回の登場の仕方は結構挑戦だったんです。お客さんも動揺しているような反応があったり、拍手が起こる日があったり。お客さんも僕らを見て気持ちの変化があるのかなっていうのはツアーをやって思ったことの1つですね。あと、ライブをやるっていうことに対してのステージでの立ち方っていうのを今回すごく学びました。ちょうど(阿部)顕嵐が出演していたライブを見る機会もあって、気がつくことが多かった。ステージでの立ち方やお客さんへのコミュニケーションの取り方は模索し続けています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4