岡田結実「宇宙人の存在も信じてます!」 役者としてターニングポイントとなる作品に 『WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察Season2』特集 第1弾!

特集・インタビュー
2021年10月10日

『WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察Season2』が10月10日(日)からWOWOWでスタート。そこでTV LIFE webでは、Season2放送・配信を記念して2週連続で特集! 第一弾となる今回は、Season1から引き続き生方瑠衣子を演じる岡田結実さんにインタビューを敢行。撮影エピソードから、Season2に向けての意気込みを伺いました。共演者と楽しく過ごすことができた現場は、岡田さんを大きく成長させたようです。

 

◆Season2は、Season1から1年経っている設定です。1年後を表現するために役作りなどで工夫した部分はありますか?

瑠衣子は、まず分かりやすく見た目が変わってますね。例えばSeason1はショートヘアでしたが、Season2ではロングに変わりましたし、メイクもするようになって、身だしなみを整えるようになりました(笑)。この1年で瑠衣子に何があったのかは、台本には書かれていなかったので、どうやって今の瑠衣子に至ったのか、その1年間を埋めるのが難しかったですね。

◆瑠衣子の変化にはどんな理由があったと思います?

1年経って、院生としての自覚がより芽生え、世界も広がったんじゃないかなと思います。今までは「民俗学」など、自分に興味があるものだけを追い求めていたけど、研究の一環として一般人の常識を学ぼうと、メイクや身だしなみにも手を出してみたんじゃないのかなって、自分なりに考えましたね。監督とは「恋愛したのかな…?」って話したりしました(笑)。

◆瑠衣子という役を演じて、難しかったところはありますか?

瑠衣子は明るく元気だけど、裏では(高槻)彰良先生と(深町)尚哉の2人を見守る懐の深さのようなものがあると感じていました。私は今まで前に出る役を演じることが多かったのですが、瑠衣子は前には出ないけど、でも存在感は消さないみたいな、そこが難しかったですね。ただSeason1では、瑠衣子の感情の波みたいなものは特に出てこなかったので、Season2の台本に瑠衣子の感情の揺れや熱い思いみたいなものが描かれていた時は、「やったるでー!」と思いました(笑)。台本を読んで、瑠衣子をもっと知ることができたので、後半になるに連れて演じるのがどんどん楽しくなっていきましたね。

◆そういう意味では演じ甲斐のある役だった?

そうですね。私は今までありがたいことに、主役をやらせていただく機会が多かったので、“みんなを引っぱっていかなきゃ”って意識を持って、自分なりに進んできたつもりでした。でも今思えば、自分が伸び伸び芝居ができるってことは、周りに支えられていたんだなって、瑠衣子を演じることで気づくようになり、芝居でどう立ち振る舞えばいいかが分かった気がします。彰良先生と尚哉はこんなテンションでくるから瑠衣子はどんなテンションでその中に入ろう? って、役としての立ち回りをちゃんと考えないといけないんだと学びました。「遅いわっ!」って感じですけど(笑)。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4