米倉涼子、『ドクターX』と歩んだ10年に感慨「『私、失敗しないので』と言いたいところですが…」

特集・インタビュー
2021年10月14日

米倉涼子さんが主演する『ドクターX~外科医・大門未知子~』がシリーズ誕生から10年目の節目を迎え、2年ぶりに復活。待望の連ドラ第7弾が、10月14日よりスタートする(テレビ朝日系 毎週木曜 後9・00~9・54 ※初回は後9・00~10・09の拡大版)。今作ではコロナ禍の世相が反映され、100年に一度のパンデミックという状況の中、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)が目の前の命を救うために突き進む姿を描く。唯一無二のキャラクターを演じ続ける米倉さんに、新シーズンに挑む心境や10年の歴史を積み重ねてきた作品への思いを語ってもらいました。

 

◆大門未知子というキャラクターを演じて、10年目になりましたね。

未知子って一見天真爛漫で自由に生きているようですけど、実はとっても真面目で誠実なんです。すべての行動が彼女ならではの信念に裏づけられている。そういうブレない人間性は、やっぱりいいなと思いますね。

◆未知子を演じるに当たって意識していることは何でしょうか?

とにかく真っすぐでいることです。細くても大木であることを感じさせるような堂々とした姿が、大門未知子というキャラクターを表現するのに大事なことだと思っています。あと、これは『ドクターX』ならではなのですが、共演者の方々が(劇中で)すぐ面白いことを始めるので、私もつい一緒になって遊びたくなってしまう。それを我慢するのが大変で(笑)。未知子は自分のするべきこと、興味のあることだけに集中するタイプなので、皆さんの楽しいお芝居に引っ張られすぎないように…ということは意識しています。

◆新シーズンはこれまでとは違ってコロナ禍での撮影となりましたが、どんな思いで臨まれているのでしょうか。

まずは撮影を始められること自体に感謝しています。ただ、顔合わせや本読みも全部なくなってしまったので、事前にイメージをつかみづらくて。モチベーションをいきなり本番当日に持っていかなければならないのは、やはり難しかったです。実際のお芝居においても、例えばこれまでなら相手に触れることで表現できていた感情が、「触られたら嫌かな?」「消毒したくなるかも…」というところまで考えなければいけない。こういう状況じゃなかったら、もっと自由に表現できることがあるのに…という寂しさも正直ありますね。今回、作品にもコロナ禍の昨今の状況が反映されているんです。気を付けなければならないのはコロナだけじゃない、というところまでしっかり描かれているので、そういうひねりの利いた展開にこそ、このドラマの面白さがあるのかなと思います。

◆レギュラーメンバーとの久しぶりの再会はいかがでしたか。

グループLINEとかでずっとつながっていますし、テレビを付ければいろんな作品でお見かけするので、久しぶりだけど久しぶりじゃないような、不思議な感覚がありました。私以外の皆さんは、『ドクターY~外科医・加地秀樹~』の撮影でも一緒だったから現場に慣れていたので、私だけまだ馴染み切っていないような気がして、「早くみんなに追いつかなきゃ!」と、最初はちょっと焦りました(笑)。ただ、撮影が始まるとやっぱりここは“ホーム”というか。あうんの呼吸を感じました。それぞれが補い合って、相乗効果で気持ちを上げていける。今回もそういう空間にしていきたいです。

  1. 1
  2. 2